« August 2004 | Main | October 2004 »

September 28, 2004

大往生。

今日はお休み。
強引にお休み貰ってお葬式。←忌引きは仕方がないけど、シフトの仕事してるとやはり申し訳なさが先にたちます。

曇り空の中、大往生だった祖母の葬式は恙無く終了。
そういや、弟の愛娘が来たのですが、ああ・・・・・・・・・・・・。←お察しください。
歳の近い従兄弟の子どもと並んで遊ぶ姿は非常に微笑ましかったが、いかんせん、従兄弟の子は、末はアイドル?くらいの小さなビジュアルクィーン。並ぶと非常に厳しい感じ。うう、ウチの姪っ子だって愛嬌はあるのよっ(苦しい表現)
・・・女は愛嬌、女は愛嬌(言い聞かせ)
せめて、もう少しほっぺに埋もれたお鼻が大きくなるとともにちゃんと生えてきますように。←鼻って生えてくるものだったの?

しかし疲れました。
初七日も一緒にすませちゃったのですが、読経の最中、なんべんも意識が遠のきました(ふう)

おばーちゃん。
生前は、うっかり女王で、里子に出した実子に、「あんたはあての子なんやで、実は」とかうっかり言っちゃって大問題になったり。←それは秘密にしていたことだったのに(笑)
足腰立たなくなって、ウチで介護してるときに、呼びベル(ナースコールみたいなもん)を夜中中ガンガン鳴らされたこともあったり。←しかも、あんまり鳴らすから取り上げたら、今度は杖でベッド柵をガンガン叩いて「奈央ちゃーん!Fちゃーん(母)!」と叫ばれたり(笑)
生前は、多少微妙な感情を抱いていたものですが、まあ、お星様となったおばあちゃんが、あの世でも、のんきに自分勝手に(いい意味で)笑っていられますように。
・・・って、そんなことを願わなくても、ウチのばーさんは、幸せに笑っているような気がする(むむ)

September 27, 2004

嗚呼、焼き芋と秋の空。

今日はお休み。
久々に実家でダラダラできる・・・はずだったけど。
まあ、お通夜ですので。←とか言いつつも、お通夜の時間近くまで、ゲームしたりゲームしたり本読んだり!結構お休みエンジョイしてるやん!

で、お通夜ですが。
あれですね、92歳、大往生のばーさまの通夜式は、イコール久しぶりに会った親戚一同にとって宴会なんだな(苦笑)
父方の従兄弟連中なんぞ、あたし20年ぶりくらいに会いましたがな(笑)
もう面影なくて、「あれ誰?」と母に聞いたりして(恥)
そんなあたしは、小学生の頃から容姿は変わってないらしく(それってどうなの?)、「奈央ちゃんは全然変われへんからすぐにわかったわ」とか、「まあ、Fちゃんの若い頃にそっくりやな(母にソックリなのはもう聞き飽きたよ)」などなど。
もうねえ、飲めや歌え(歌いはせんけど)の大騒ぎだ。
ま、いいかねえ。ばーちゃんもあの世で淋しくないだろ。

で、明日の葬式でばーちゃんと一緒にお棺に入れるものを用意してたのですが。
叔母が「ふかし芋準備しようと思ってたんやけど間に合えへんかったんよねえ」と残念そうに。
ああ、なんだ。それならウチの近所に、有名なお芋屋さんがあるのにい!
そう言ったら、「まあ、でも、どうせ焼いたら生のサツマイモでも焼き芋になるやろ?」って(爆笑)
いや、そうやけどー(笑)
ま、いっか。もう、喪服着てるっつーのに、腹抱えて笑ったよ。

従兄弟の子どもと遊び疲れて、線香番をする父@喪主を残して、あたしと弟と母で軽くご飯食べて。
倒れるように眠りについたふたりを横目に、あたしはFFⅡに興じてみたり、昔のムフフな本、読み耽ったり(アホ)
いやあ、昔の本はいいね。勢いがある。
そんな、夜。
明日は、お葬式。

September 26, 2004

なくしたもの。

今日は準夜。
昨日は、夜勤のあと即効実家に帰って、そのまま仮眠。
そしたら起きれなくなって、母の鉄拳電話で慌てて飛び起きる。
家族揃って危篤のばーちゃんの見舞い。
ああ、意識はなさそう、うん、尿は?まだ出てる。ああ、血圧これだけあったら大丈夫だね。うん。今夜は大丈夫。
って、身内のくせにやーな見舞いの仕方でごめんなさい、おばあちゃん。
しかし、祖母の入院する病院は、老人がその入院の多くを占める小さな病院なのですが、病院ってそれぞれの役割があるのはわかってるけど、あたしは随分と恵まれた環境で働いているのだなとシミジミ。←つまりはそんな病院だってこと。ウチみたく急性期の患者しか受け入れない病院ばっかりだと、たちまち困る家族が多いんだな。

で、本日仕事の最中に。
祖母が92歳の生命を終えたことをメールで知りました。
大往生です。最期は静かに逝ってしまったそうです。

身内を亡くしても、泣くどころか、仕事休むことへの申し訳なさが先にたつ。
そんな薄情な孫娘でごめんなさい。
こーゆーところ、自分で自分がきらい。
あたしはどこか、自分の大切なものとそれ以外をくっきり分けているんだな。
つまりは、「それ以外」にはひどく冷たい。
・・・やな女だ(くすん)

September 24, 2004

おめでとう、しみじみと。

今日は日勤。
仕事はさっくりと終えて、ふーっと一息ついてたら。
退院したばかりの母からメール。
「祖母、危篤」
ありゃ・・・とうとうか。
ウチの父方のばーちゃん、92歳なのですがね。もうここ何年も入院してたのですが、とうとう危ないってこと。
まあ、あたしは今夜は夜勤なので、明日にでも見舞うってことで。
ふう、なんだか慌しいわね、我が家(苦笑)←いや、ホントは笑えないけどさ。

んで、Mステですよ。
この前の出演時はうっかり見逃していたのですが。←ほら、ジャニ離れ著しいからね(笑)
なので今回はちゃんと留守録セットおっけー。
関ジャニ∞のご出演です。わー、ぱちぱち。
っていうほど、今まで∞面にはまったことはないのですが(あれ?)
やはり、ずっと見てきた子達じゃないですか?ひとりも嫌いな子はいないし。むしろあたしはかなりの横山好きだよ。
なんかねえ、もう。立派になって(ほろり)って感じ。
横山、野中とセット売りされてた頃は、それはもう麗しいふたりだったのですが、あの寒い感じのふたりの距離感がたまらーん!って感じで。←ホラ、奈央さんはマゾなので。
そんな横山が野中にうっかりとマジちゅーとかしてしまったカンジャニナイトは宝物映像ですよ。大石恵嬢の「横山くん、うれしそう~」って天然かつ的確なコメントに死ぬほど笑ったあの冬の日。
どこか尖った印象だった横山やすばるちゃんが、ホントに大人になっちゃって。しかもいい感じに大人になってさあ。やはりおねーさんはホロリなのですよ。←ポロリにあらず、ってナニ言ってんだ!
ABCが(そうよね?)紙吹雪をひらひらさせてましたが、うん、そんな感じ。
今まで頑張ってきたあの子たちに幸あれ!と。
ふむ、長年頑張ってるといいことあるもんだね(たまにはね、あの事務所にしては珍し・・・禁句だ)

で、久しぶりにMステなんぞを見ましたが、華原さんの新曲が、なかなかしみじみといい曲だったり。
聖子ちゃんのお嬢さんが、地味ながらもよい曲歌ってたり。←って、SAYAKA嬢、ふとした表情が聖子ちゃんにクリソツでビックリしたよ。そんなあたしは中学生の頃、聖子ちゃんブームに乗っかってました(笑)セカンド、サードアルバムあたりは名曲がごっそりよ。
あと、美勇伝の一番若いお嬢さんの豊満な胸の谷間にどっきどき。
っつーか、石川さん、元々可愛い人でしたが、しばらく見ぬ間に大人っぽくなってました。
石川さんといえば思い出す。
知り合いにですね、体重100キロ、趣味は娘。DVD鑑賞の所謂オタクな男がいるのですが。
そんな彼、好みのタイプは「石川りかちゃん・・・」と顔を赤らめていたっけ。ひい、ぶるぶる(失礼)
そんな彼に、うっかりと初代ガンダムフリークであることを漏らしてしまったために、ことあるごとに「奈央さん、ガンダムの●●が~」とオタク情報を教えてくれるし(笑)
オタクの典型な彼でしたが、あたしは笑うことはできぬ。
うう、屈辱。
所詮、オタクの性は隠そうとしても隠しきれぬ。
そうね、「島田は宇宙一可愛いわね」と真顔で言い切ってしまうあたしの顔と、「りかちゃん(うっとり)」ってDVDを食い入るように見つめる彼は、きっと同じ顔してるはずだ。
いいのいいの!ビバオタク!この不景気な世の中で、経済を支えるのはきっとオタクなのよっ!←オタクは世界を救う。

って、やなシメ方だな(苦笑)

September 23, 2004

ありすのなみだ。

かたん。
あ!おかあさんがかえってきた。
よいしょ。
ありす おててがいたいの。だからあんまりはしりたくないけど おかあさんがかえってきたから だっこしてもらわなきゃ。
「ありす?ごめんね、遅くなったね」
…おかあさんじゃない。おねーさんだ。
おかあさんはどこ?おかあさんはまだ?
おねーさんはありすをだっこすると よしよしってかみをなでた。
もう おねーさん いたいよう。へたくそ!
おかあさんは もっときもちよく なでなでしてくれるのに。
「あのね、おかあさん、しばらく帰ってこられへんからな。その代わりにねーねがおるからな」
え?かえってこないって?どういうこと?ねえ、おねーさんってばあ!
だっこしてくれたおねーさんからにげて おあかさんをさがすの。
おかーさーん!おかーさーん!どこー?ありすのおかーさーん!

おかあさんはそのよる かえってこなかった。
おねーさんがくれたごはんは おかあさんがくれたごはんとちがって ちっともおいしくなかった。

***

そのひから ずーっとおかあさんはかえってこなかった。
あさ おきても。
おひるねから おきても。
よなかに めがさめても。
ずっといないの。どこにもいないの。
おかあさん どこいったの…?
ありすのこときらいになったの…?
おかーさーん…。

***

おかあさんのかわりに おねーさんがありすにごはんをくれる。
「ありす。ただいま」
おねーさんは いつも よるおそくかえってくる。
ありすは おねーさんがかえってくるまで ごはんがないの。
おなかがすいて にゃあにゃあなくけど だれもごはんをくれないの。
げんかんのかぎがガチャガチャすると とんでいくけど そこにはおかーさんじゃなくておねーさんがいるの。
でも おねーさんは ありすのことぎゅうってしてくれる。
おもいだした。
ありすがあかちゃんだったころ おねーさんといっしょにねんねしてたんだ。
おねーさんのつくえでゴロンってして。おねーさんのおふとんのなかで いっしょにねんねして。
…ずっとわすれてた。
「ありす、イイコやな。ありすは可愛いな」
うん ありすはいいこなの。
でも ありすはいいこにしてるのに どうしておかあさんはいなくなったの?
「にゅういん」ってなに?
「おかーさんが びょうき」ってなに?
「ほっさ」ってなに?
ちっとも わかんないよう。
でも わからないことだらけだけど。
ひとつだけ ありすはわかった。
にゃあにゃあってないても おかあさんは いないってこと。

***

おひるねしてたら おねーさんがなでなでしてた。
もう せっかくねんねしてたのに。
でも なでなではきもちいいから もっとして?
「ありす、お母さんもうすぐ帰ってくるって」
…え?おかあさん、かえって…。
ねえねえ おねえさん それって うそじゃない?
ねえねえ いつ?いつかえってくるの?
おねえさんにそういったら おねえさんは わらってありすをだっこしてくれた。
おかあさん かえってくるの!おかあさん ありすのおかあさん!
おねえさんが げんかんに つれていってくれた。
ありすは おねえさんのだっこからにげて げんかんのまえで いっしょうけんめいないたの。
おかあさんに ありすのこえがとどきますようにって。
おかあさんが はやくありすのことだっこしてくれますようにって。
ガチャガチャ。
かぎのあくおと。
「ありす」
おかあさんだ…ありすのおかあさんだ…!
「ありすありす…」
おかあさんが ぎゅうってしてくれる。
おかあさんのにおい おかあさんのこえ おかーさん おかーさん ありすのおかーさん

おかーさんが ごはんをくれた
おかーさんのごはんは おいしい やさしいあじがするの
おかーさん おかーさん
ありす いいこにしてるから だから だから
ありすのまえから いなくならないで
どこにも いかないで
おかーさん おかーさん…

母が外泊で一時帰宅したことを告げると、ありすはにわかに挙動不審になって、玄関で母が帰ってくるまで鳴き続けました(苦笑)
そして、母に抱かれたあの子は、涙でその大きな瞳を濡らして。←猫だって泣くんですよ。
あの子にとっては初めての経験。母と離れ離れの約9日間を取り戻すかのように、ありすは母に甘え続けて。
そして、ようやく落ち着いたのか、いつもの座椅子、いつものクッションの上で、静かな寝息を立て始めました。
母の入院。
一番辛かったのは、ありすなのかもしれません。
そしてようやく母の退院が決まりました。
これでありすにもまた平穏な日々が訪れることでしょう。
…よ、よかった(ほっ)

でも。
家を出てから徐々によそよそしくなったあの子が、母の不在の間は、あたしに懐いてくれたのは、不幸中の幸いってゆーか(笑)
やはり猫が好き。っつーか、ウチの子が一番好き(えへ)

September 21, 2004

このやり場のない怒りをどこへっ?(はう)

今日はお休み。
って、昨日は酔っ払いのため早くに寝落ちしたにも関わらず、起きたのは3時とかでしたよ(あはは)
起きてからもベッドでごーろごろ。←なぜならお猫様は、お昼間のこの時間は眠っているので別に構わなくても大丈夫なのだー。
しかし、そろそろ起きなきゃな。
シャワー浴びて、適当に化粧して、さあ病院に。
あたしは仕事以外はなるべく病院に近づきたくない人なのですが、やはり仕方がないので(くそう)

病棟で締め切り物を提出して、ちょっと手直ししてたら師長さんがちょいちょいと手招き。
来月からひとつ役割が増えました(がっくり)まあ、中堅どころなのに、臨床指導しかしてなかったから仕方がないけどねえ。会議出なきゃなので面倒なのですが、頑張らなきゃな。そういやAと一緒の委員なんだな、それはそれで嬉しいかも。

そして母の元に。
すると、ちょうど主治医の先生がいらしてたので挨拶して、検査結果とかを聞く。
・・・退院、金曜日・・・って?
あ、明日じゃなかったの??そ、そんな!検査結果も悪くないじゃないよ?
気を取り直して母に外泊しろと迫るが、どうも乗り気じゃない。
・・・ぷっつり(何かが切れた音)
あーあー。わかりましたよ。もうずっと入院してな(くそう)
しかし、それほど居心地いいのだろうか?←いいんだろうよ。
ちょっとね、ウチの病院の看護理念、考え直す必要あるかも(笑)?←快適な入院生活を送ることが出来るように援助しましょうってやつ。
なので、まだまだ実家暮らしは続く。
ありす、かわいそうに(ほろり)

入院延期ってことで、マンションに荷物を取りに行く。
ついでにウォーターボーイズの最終回とか見つつ。
ああ、爽やかだ。いいね、この「一生懸命」さってのは、若いうちにしか味わえないだろうよ。
なんとも清々しいドラマでした。楽しかった!

しかし。
「遠くへ行きたい」
こんな時はそう思う。
家族とかのしがらみから逃れて、誰も知らない場所へ、ひとりで。
どうやら疲れているようです。
まいった(苦笑)

そうだ、ブルーに拍車をかけてんのは、嵐のFC更新忘れてて(しかも5月から)、今後のイザってときの振込みができるかわかんないってこと(あう)
女王、一緒にチケ取って?(上目遣い)

September 20, 2004

A+B+O+AB=?

今日は日勤。
入院生活満喫(多分)の母のせいで、うっかりと実家暮らしを余儀なくされて、あたし、ただいま絶好調に不機嫌ざんす。←ひでえ!
いや、入院するに値する病状なら心配もするけど、フツーに生活しても全く支障ないくせに「母は病人なの。お家に帰ったら家事しなきゃならないからやだもん」って態度が気にいらねえ(むか)
家事くらいあたしがするだろうよ?っつーか、そのために帰ってんだよっ!
キミにはキミの帰りをひたすら待つありすって存在があるではないか?
・・・いや、もう今の母は自分のことしか考えてないから、言っても仕方がないさ。←今に限ったことじゃないけど、母の自分勝手。ま、その血を色濃く受け継いでるのは紛れもなくあたしだってこともわかっているさ(自虐)
ありすは今日も、情緒不安定で鳴きすぎて声、嗄らしてた(あう)

って、こういう家庭内愚痴は、一番みっともないことだと恥じてはいるけど。
ごめんなさい、書かずにはいられないストレスなのだよ(ふう)

で、お仕事さっくり終えて。
仕事終わってから締め切りの近い提出物のことで主任さんと相談して。
きゃあ、もうこんな時間!ってあたふたしながらも、母の病室へ。
「今日はねえ、Sちゃん(弟)が来てくれたの」
とか言って浮かれる母に内心ムカっとしながら。←おとなげない。
ダメよ、奈央!明日の検査結果出たら明後日には帰ってくるのよ!それまで我慢よっ!
そう言い聞かせて(笑)
で、ダッシュ!目指すは鶴橋。
鶴橋は、在日韓国人の居住が多い町なので、美味しい焼肉屋さんとか韓国料理屋さんとかが多いんですよ。
なので本日は、付き合い10年以上にもなる同期4人組で鶴橋で焼肉なのだ!
焼肉焼肉!はうー、美味しい(ほろり)
このボリュームでこの値段って嘘よねえ?って感じ。いや、鶴橋は高いところもあるけど、安くて美味しい店もいっぱいあるのよん。
っつーか、あたし以外はみんな酒飲みなので、フツーに中ジョッキ、ひとり4~5杯あけてらっしゃるんですが。それって女としてどうなのでしょうか(とほほ)
今日のメンバー、全員血液型が違うのですが。それでも気兼ねなく付き合えるいい仲間だ。
そういや、4人のうちのひとり、Aちゃんは、在日韓国人2世なのですが、この韓国ブームの中、そんな彼女はハングル語、まったく喋れず。もれなく韓国ブームに乗っかってるKは、「使われへんな」とバッサリ。ま、そんなもんだろうよ?生まれも育ちも日本だもん、Aちゃん(苦笑)

もういい加減お腹いっぱいで、苦しくなったので店を変えることに。
鶴橋では知る人ぞ知る「カナリア」へ。
カナリアはあたしが高校生の頃、よく通った喫茶店で、パフェがね、その辺の喫茶店とは全く違う代物なの。
そんな想い出のカナリアは、最近夜はお酒を出すお店になったみたいで、さっそく行ってみました。
しかし、なんだか酔っ払いが3人いたせいか、テンション上がらず。口論に(爆笑)
ま、こうなのよ、あたしたち。喧嘩しても遺恨を残さない。
きっと明日にはもう忘れてる(それってどうなの?)

家に帰るとウチのお姫様@愛猫ありすがぎゃあぎゃあ騒いでるし。
「にゃ-にゃ-にゃ-!」←人間訳「ちょっと、どこ行ってたのよう!あたしを置いて!お腹すいたわよう!何?アナタ、お肉の匂いがするじゃないの!あたしを放ってごはん食べてきたわね!きい!」
ごめんねごめんねと下手に出て。ずーーーっと抱っこして。
そんなあたしも酔いがまわってたのか、ありすを抱いたまま寝落ち。
微妙な実家生活で、得た物ってのが、ありすが久しぶりに懐いてくれたことだなんてねえ(苦笑)

September 19, 2004

人生って奥が深い。

今日はお休み。
って、昨夜の帰宅が3時過ぎてたんだからさあ、ま、寝るでしょう?昼までは当然。
なので、気力があれば会いましょうと約束してた女王にごめんねメールを打って。←女王、今月は無理でも来月にでも遊ぼう。
昼、のたのた起き出して、ありすのごはん買いに行って。
それから母の見舞い、ちょこっとだけして。
さて、シアタードラマシティ。
今日はスタジオライフの「ドリアングレイの肖像」Crimsonチーム、千秋楽を観に行ってきましたー。
男ばかりの劇団、スタジオライフ。登場人物の女性も全部劇団員が演じてしまうという。
その存在は知ってたし、気になる演目とかもあったので興味はあったけど今まで機会がなくってね。
今回の主演、ドリアングレイを演じる山本くんは、その昔、とあるB級映画でなかなか可愛い高校生の役を演じてて、気になってたんだな。全く予備知識なく観ていた深夜放送の映画だったというのに、なかなか鮮烈な印象だったので。のちにその子がスタジオライフの山本くんだと知って驚いたものですが。いや、多分、劇団入りする前だったのかしら?プロフィールにも載ってないし。抹殺したい過去なのかしらー(笑)?←そういう映画だったのです。何見て喜んでんだ、あたし!

で、肝心のお芝居ですが。
下世話な感想は、女装なのに気にならないってこと。
衣装、工夫してんのかもしれないけど、華奢に見えるよねえ?そして、身のこなしがちゃんと女でビックリしたわ。
ストーリーは、所詮凡人のあたしにはなかなか理解できぬ、芸術と美と現実の絡み合った、まあお耽美物にありがちなやつ。←はしょりすぎ。
いや、しかし。
若い今は美しくても、年老いたら・・・ってくだり。
あたしは別に特別美しくも選ばれた人間でもないが(笑)
それでも、年々衰えていく自分の容姿にしょんぼりしたりするもんねえ。←いや、皺とか、腹肉の具合だとか。
美への執着ってのはどの人間にもあるもんなのかもー?っつーか、美=若さって捉え方。
そんな感じでふむふむと思ったが、ごめんなさい、途中、ちょこっとだけ寝ちゃった・・・。
だって休憩時間と舞台後の挨拶込みで3時間20分・・・。長いのもいいけど、お尻が痛くて困りました(苦笑)
しかし及川健さん、可愛いなあ!(ビックリ)
っつーわけで、写真撮影もありよん!とか、役者が花を客にプレゼントしてくれるよん!とか。
ちょっと独特のスタジオライフワールドにすっかり中てられて、あたしはグッズコーナーでお写真買っちゃったってのはナイショの話(笑)

さて、今夜は今日中に仕上げなきゃならない仕事があるってのに、愛猫ありすがまとわりついて仕方がない。なので膝にありすを乗せてこうしてパソコンに向かってるわけですよ。
明日は久しぶりに同期4人で焼肉!鶴橋!

September 18, 2004

ナイショの●●は蜜の味。

今日は準夜。
昨日は久しぶりにマンションに帰って夜更かししたのでちょっとリフレッシュ。
でも朝になったら愛猫ありすがにわかに心配になって、実家へぴゅーっと。
ありすのトイレを綺麗に掃除して、ご飯をあげて、お水を取り替えて。よしよしと撫でて。
そしたらウチの美猫(おほほ、姉バカ)はうっとりとお昼寝なさったので、そそくさとエステへGO!
久しぶりだよ、エステ。お顔の手入れ、人並みにはやってると思うのですが、やはり寄る年波には勝てないので、プロのお手入れが必要なのですよねえ。
いつものフェイシャルに、フットケア(角質除去)をプラスして。至福の70分。
ああ、やはりエステの後は化粧の乗りも違うってもんよ(ふむ)

で、お仕事。
この間もやらかしてくれたじーさまが、またしても同じことをやらかしてくれたので。
あはは、明日、緊急オペだよ、あははのは。←笑えない。
って、突発的な出来事があったので、すっかりと帰宅が遅くなってしまう。
急がなきゃ、急がなきゃ!ありすがきっとお腹すいてる。寂しがってる。
「ただいま・・・」
掠れた声で、にゃあと返事する愛しいありすに、不覚にも涙。
ごめんね、ごめんね、おねーさんが悪かったよ。もっと早く帰ってこないとね、寂しかったねえ、お腹すいたねえ。
ぎゅっと抱きしめて。そしてちらりとご飯置き場を見たら、キャットフード、ほんの少ししか残ってなくて、さらに涙。ああ、お腹すかせてたんだ(あう)
ウチのお猫様は、あたしが中学生の頃に飼い出したので、もう20才なんだな。しまたんとかユキと同じ年よ(笑)
猫が20才。人間に換算すると100歳くらい?
そんな老猫は、一日一度、柔らかいキャットフードを半分くらいと、ドライキャットフードを少し、それくらいしか口にしないんだよね。それなのに、ドライフードしかなかったから仕方がなかったんだろうね、ごめんね。
泣きながら、缶詰あげて、抱きしめて。ごめんねと頬ずりして。
守るべき存在。それがあると人間は強くなるというが、ある意味それは間違ってるよねえ?いや、上手くは言えないけれど、あたしの場合は、誰かの人生とかを背負うってことは、きっと荷が重い。
とにかく年取って、すっかりと痩せてしまったウチのありすをぎゅうっと抱きしめて、そんなことをつらつらと考えたり。
ありすがもしその生命を終わらせたら、あたしはきっと猫は飼えないな・・・。

で、ありすがいるから実家に帰っていると言っても過言ではないのですが。
なんでそんなに実家がいやかといえば。
チチとあまり合わない(笑)
ま、それはいいけど、喫煙がね、自由にできないってのがね(ごにょ)
実家にいる頃から喫煙してましたが、ひとり暮らしをはじめてからのようには堂々とは吸ってなかったのですよ。
母はあたしが煙草吸うこと、知ってるのですがね。やはりチチが知ったら可哀想かなあと思って。←一応嫁入り前の娘の気遣い(笑)
なので必然的にこそこそと隠れて吸うわけですよ、いい年して(爆笑)
ほら、中学生とか高校生がトイレとかで隠れて煙草吸うって、あれに似てる。
ナイショってのは大概蜜の味なのですがね。この場合はちょっとトホホって感じになるのは否めません。

さて、明日は初スタジオライフ!「ドリアングレイの肖像」観てきます。
どうやらWキャストらしいが、どうしても片方の公演が観たかったんだよね、なのでチケット手配したの。
主演の山本くん、昔、そそる映画に出てて、スタジオライフの人とは知らずにひそかにお気に入りだったのだ。なので楽しみだなあと。
ワイルドの原作は持ってるし、昔読んだことあるのですが、どんな話かはさっぱり忘れちゃったわよ(てへ)ホモお耽美だったことだけは覚えているけど(笑)
しかし、このお芝居のことを考えると、必ず飯島真里の同名タイトルの曲を思い出します。すげえマニアックですが、当時のオタク業界ではちょっと画期的だったのよ。なんせ歌詞に「決して女は愛さないと~」とかあるからね(うろ覚え)
おかげさまでずっとその部分が頭をぐるぐる巡ってます(単純)
いやあ、しかし。こんなお芝居観たら、また青春時代のバイブル、「アナザーカントリー」観たくなっちゃうじゃないよ。コリンファース、思わず乙女ポーズになってしまうくらいに当時は好みにジャストミートでした(しみじみ)

さて、寝るか。←ただいま日付詐称して日記書き中。

September 17, 2004

素直じゃないね。

今日はお休み。
母の緊急入院からもう5日。おかげさまで心臓の方は問題なかったのですが、発熱、感染徴候(+)のために退院延期ですよ。しかも世間様は連休なので、連休明けまでは母不在=あたしはお猫さまのお世話のために実家ライフ。
しかし、今日は珍しくも夕方に起き出したありすにご飯食べさせたので、帰らなくてもいいらしい。
っつーわけで、久しぶりにマンションに帰ってきたわけです(ほっ)
いや、親は嫌いではないが(多分)、ひとり暮らしに慣れると実家は居心地の悪い場所なんだな(げんなり)
おかげさまで実家に置き去りにしていた蔵書(漫画だってば)を貪り読みましたが(苦笑)
『くにたち物語』大好きなのだが、やはりあの続きはもう出ないんだよねえ?←誰に聞いてる。
あとは『研修医なな子』とか。医療現場を描いた漫画の中では秀逸な作品だ。あんなんだもん、研修医って(笑)

で、世間様では大野氏の冬のお仕事に話題集中らしいが。
いや、あたしもその噂を聞いて即効相方に電話したくらいにビックリしたもんです。
嬉しさ半分、そこはかとなくブルーな気持ち。複雑なのだ。
踊る大野、カッコよいだろうよ。彼はこっちの期待を裏切ったことなどないし、いつだって想像以上のものを見せてくれるし。そういう意味では楽しみで仕方がない。
なのにあまり嬉しくないような気がするのはなぜ?
 
理由その1
貧乏のため(笑)
いや、いつも夏ボから冬ボまでの間って貧困に喘いじゃうんだよねえ。夏に遊び過ぎたツケがどどーんっと回ってくるのと、秋の味覚に大枚はたいちゃうのと、素敵な秋冬もののおよーふくにつぎ込んじゃうため。
って、あたし今年の冬こそ香港行ってヴィヴィアン買い漁ろうと思ってたのにい。この前定期預金を(またしても)一部解約したばかりなのにい。

理由その2
チケ取り、極めて困難だと予想。
考えたくもないくらいに激戦の予感。

理由その3
キャスト(苦笑)ごめんなさい、お察しください。

理由その4
相方も日記に書いてたが、トラウマのため(弱)
大野、青山、舞台。
この3つが揃うと、どうもいかん。
いや、別にね、誰が悪いわけでもなく、あたしだって、もちろん相方だって、あたしたちを取り巻く友人たちが悪いわけではなかったけど。
人間の心なんて、考え方なんて十人十色。同じ物を見ても、同じ色に見えるわけじゃない。
だけど、ねえ。
やはり、「傷ついた」とか言われちゃっても、こっちだって、そう言われて「傷ついた」んだってば。それはきっと相手にはわかんないだろうし。まあ、相手のことだってあたしには全くわかんないし、お互い様だよ。
ただ、当人同士の問題じゃなくて、そこに絡んだ人間模様に少しばかりツライなあと感じたのは事実。
おかげであたしはこうやって、前のサイトからはリンクせず、限られた友人たちにしかアドレスを教えず、ひっそりとココで駄文を書き連ねているのだが。←まあ、ココログ、おっきいから大概発見されているようだが(苦笑)
ちょっと人間関係について、消極的になった要因ってのが、「大野、青山、舞台」ってヤツに絡んでくるのですよ、そんな過去があったのだ。
なので、今もちょっと怖いのだな・・・(むーん)
大野、好きだけど。昔も今も変わらずに。
複雑なのですよ、はう。

やだね、愚痴日記、っていうか、鬱陶しくてゴメンなさい(あう)

September 13, 2004

大忙しの一日。

今日は日勤。
昨日は涼しくて眠りやすかったので、このままずっと眠っていたかったけど・・・いや、仕事仕事だ(自分に言い聞かせ)
仕事、まずまずさっくりと終わりそ・・・うとか思ってたら。
突然の他科のドクターからの電話。訝しく思いつつも電話口に出ると、驚愕の事実を知らされる。
「あなたのお母さんが今救急外来に来てます」
・・・え?
って、発作か。
母は心臓に持病を抱えてまして、うちの病院に定期的にかかっていたのですが。
どうやら大きな発作が起こったらしく救急車で運ばれた模様。
慌てて救外下りて、とりあえず処置についてくれた同期のMちゃんによろしくねと母を託して。
そしたら、入院だってさ(がびん)
っつーことは、あたしは実家にってことで。←なぜなら母がいないと生きては行けないお猫様がいるので。

とりあえず猛ダッシュで仕事終わらせて、その辺のコンビニで入院準備して(大抵のものは父がいったん家に戻ってくれたので持ってきてくれたんだけどね)、面会時間ギリに飛びこんで。
はあ・・・ごめんなさい、緊急入院で迷惑かけて(くすん)しかもあんな時間で。←夜勤と日勤の交代間際。あたしだったら大暴れだ。
ってな感じでどうしても「患者の家族」ってよりも、「医療関係者」的な視点で物事を捉えてしまう。職業病だ、因果な商売だ。
不安に怯える母がメソメソ泣いて、子供のようにぐずってんのに、どーしても冷静な自分がいて、あまりの自分の情けなさに呆れるばかり。
はー、実家ね、実家。
仕方がないので、マンションに戻ってがががーっと片付けて、泊まりの準備して、冷蔵庫の中のもの、実家に持っていく準備して。
さて、しばらく実家に戻ります。
母が退院するまで・・・いや、もう少し元気になるまで。
・・・長そうだな(くすん)←やな女だ。自分のことしか考えてないし(きい)

September 12, 2004

敗北宣言。

今日はお休み。
あう、3連休も最終日。なんだかこの週末は、食べ物的には勝ちだったが、それ以外は負けっぽい(苦笑)←川床行けば、雨降るし。買い物行ってもそそるブツがないし。

で、お昼前にのたのたと支度して梅田に。
そういや相方の誕生日が近いのでフライングしてプレゼントを贈りましたが、それがなんかの嫌がらせのようにデカいのよね(笑)お察しの通り、またしても百個目くらいのぶーグッズ。
そのデカいブツの入った紙袋をあたしが持って、さあ目指すよイーマ!
そう、今日はイーマで映画見ようと思ってね。あたし、タダ券持ってるので。
んで、指定券買うために列に並べば・・・ありゃ?
がびーん!タダ券忘れた(笑)!!
くすん、大坂俊ちゃん似の柳楽くんの映画か、「LOVERS」観ようと思ってたのにな。
なんだかケチがついちゃったので(自業自得だよ)、景気づけに買い物しようってことに。
ま、腹が減っては戦は出来ぬってことで、中華屋さんで坦々麺(字、合ってる?)とチャーハンを食す。美味。
そして向かうはうめだ阪急、目指せ、ビビアンタム!(おーっほっほ!)
・・・あえなく敗北。
赤のちょっと個性的なプリントのスカート。
ドラゴンが二の腕を飾るGジャン。
ついね、ついつい出来心で(くすん)
でも、おかげでいっぱい買い物したからオマケ貰っちゃった(くす)←オマケや限定グッズに弱い。
そこで止せばいいのに、うっかりとコムサで相方が買い物してる間に勧められたカットソーをお買い上げ。珍しくパープルざんすよ。びっくり。
あとは前から気になってたショップで、品の良いプリーツスカート購入(前から見れば巻きスカート)

・・・秋はまだ先だというのに。
きっと本番になれば、もっとおよーふくがほしくなるに決まってんのにい!
でも仕方がない。負けだ、負け。完敗よ。
しっかしビビアン、侮れない。絶対に好みのラインのアイテムがそこらに転がっている。くそう。

おやつに美味しいクレープ食べて、それからあたしの大好きなタイ式マッサージへ。いわゆる「ふたりでするヨガ」らしいです。ななみん、身体硬いからどうかしら?と思ってたら、お気に召した模様。よかったよかった。

東京へ帰るななみとバイバイして、マンション帰って、購入したよしながふみの漫画読んで。
ふむ、よいなあ、この温かさとほんの少しの切なさ。何より、登場人物がちゃんと「社会で生きている」感じが気に入った。集めようかな、うんうん。ちゃんとしたレビューは書きたい気分なので、また今度。

September 11, 2004

OH!魅惑のFU・TO・MO・MO!

今日はお休み。
昨日歩き疲れたせいか(いや、ゲーム夜中にしてたせいか)眠いったら・・・。
そして、今日はマンションに配管の業者が入るってことで、うっかり外出もできなきゃ、あまりひどい格好でダラダラもできぬ。
昼前にようやくきた業者が帰ってからも、あたしと七海、ゴロゴロしつつ漫画読んだりしてた(苦笑)

で、おやつ時にお出かけ。
・・・しかし、腹が減ったので、近所のそそるカフェでランチ(って遅いけど)
美味しいカレーに豆乳プリン。
あまりにも美味しくてほっぺた落ちそう!(あぶねー)

美味しいもの食べて上機嫌なあたしとななみん。
天王寺の買い物どころを攻める!・・・ありゃ?
なんか、秋物ラインナップ、イマイチそそるものがなく。
はー、何も買わなかったよ、ビックリ。
しかし悔しいなあ。「買い物するわよ!」と意気込んで乗り込んだのに、戦利品ゼロってのは。
今年の秋物は縁がないのかしら・・・。←この考えは翌日覆される(笑)

しょんぼりしつつ城ホールへ。
今日はTOKIOコンなのだ。初日です。
10周年記念ライブってことで、シングル中心の構成。
智也が、途中短パン履いてくれて大喜び。
しかし、それよりも茂くんが色っぽくて可愛くて、あたしと女王大興奮(笑)
いやあ、可愛かったなあ!
ライブは、楽しかったのですが、構成、ちょっと間延びする場面もあり。どうでしょう?
ああ、そうそう。関ジュが見にきてましたねー。途中、風船飛ばしにステージ上がった彼らも微笑ましかったけど。←横山が達也くんにケツ蹴られてた(笑)可愛がって貰ってたんだよね、たしか(ふむふむ)
ちょうどあたしの席からは彼らがライブ鑑賞するところがよく見えたのですが、リズムに合わせて体を揺らしたり、ちゃんと楽しんでいて、ああ、やはりあの子たち、愛しいなあと。
そんなあたしは、ここ数日、街に出てはCDショップに立ち寄り、彼らのデビューシングルを探していたのですが、とうとう見つからず。ホラ、ネット通販だと、オリコンの売り上げに反映されないとどこかで聞いたので。←違ったらごめんなさい。今、調べたけどちょっとわかんなかった。
ま、そんな理由もあるけど、通販よりも、ちゃんとお店で買いたかったんだよね。彼らの積み重ねてきたものが、結果となって形に残った。それをこの目で見たかったのかもしれない。
閑話休題。
しかし、しょんぼりすることもあり。
「DR」とかね、不覚にもじわりと涙が溢れて困った(苦笑)
楽しかったTOKIOコン、弾けるような島田の笑顔、よそゆき顔してるくせに、こっそりと悪戯してたユキのこととか。
そんなものを瞬時に思い出して切なかったなあ。まだまだ。囚われたままだよ、過去に。

ライブ終わってパンフ購入、ついでに豪華ショッピングバッグも(笑)
しかし今回のツアーのパンフは秀逸です。あれで2000円、安い。

September 10, 2004

9月の雨。

今日はお休み。
まあ、なんとか起きて。←たいてい準夜の翌日は夕方近くまで寝ているというのに。
向いましたよ、京都、貴船。
しかし、朝ご飯食べてなかったので空腹のあまり、出町柳のロッテリアで軽食を。
いかんいかん!今から豪華川床会席料理なのにい!

で、到着した貴船。
な、何もない(笑)
そして寒い・・・って、曇天からはとうとう雨が!
なので、川床はあっさりと断念。←一応、川床のお席に着いたのですがね。
個室を用意してもらって、川魚中心のお料理を頂く。ついでに熱燗も頼む(笑)←だって寒かったんやもん。
いいね、鮎なんか臭みがまるでないの。他の料理も上品で。ああ、京都、メシに外れなし。
満足で、さあ観光。
貴船神社、奥の宮まで登って。一応ね、縁結びが売りらしいのですが。←売りってゆーな!
大概そーゆー神社には、絵馬とかあるじゃないですか?それがまた怖いのよねえ。
『●●さんが妻と別れて私と結ばれますように』
『キンキの光一くんと結婚できますように』
などなど(笑)
実名入ってて、恐ろしさ倍増って感じ。縁結びの神様に、他人の不幸っつーか、呪い?そんなのお願いしてどーすんだよう!(笑)

途中、ギャラリー兼カフェでお茶しつつ、うっかりとそこの作品に敗北して。←何百個目かのぶーグッズです。ついでに母にも猫グッズの土産。
土産物屋で、ご当地キティ、なんと天狗バージョンあったので爆笑しつつ購入。←キティちゃんの鼻が天狗。鞍馬、近いからね。
ちなみに天狗のお面、いたるところにあったのですが、ああ、微妙に卑猥よねえ、と。三十路嫁入り前女子としては不埒な考えを抱きつつ。

帰り道、乗り換えの天満橋でうっかりと漫画とか本を大量購入。←だって・・・。
実家近所の美味しい串カツ屋でたらふく食べて。
はー、幸せ。美味しいもの食べて幸せ。

しかし、9月に川床料理ってのは所詮無理があったってことで(苦笑)

September 09, 2004

輝いてるひと。

今日は準夜。
仕事はですね、まああんなもんで。
って、もう覚えてないという。←ただいま、日付詐称日記作成中。
ただ、相方が遊びにきてるので早く帰らなきゃなあと頑張った記憶が。

で、仕事終わってマンション帰ったら、相方漫画片手に爆睡中(笑)←ちなみに篠原烏童『Don't Cry 香港』
叩き起こして一緒に正座してテレビの前で待つ(大げさ)
今日はね、ストリート系のアーティストの紹介番組でね、パーカン(Perfect Combustion)の特集なのだ!
関東じゃ数日前に放送されたこの番組、関西じゃ今日の深夜だったんだよね。
パーカンは生で一度観たのですが、群青くんのあまりのナイスバデーっぷりと、4人のカッコいいダンス、パフォーマンスにフォーリンだったわけで。
特に群青くん!あのでっかくてアホーなキャラ。憎めません・・・(笑)
しかし、この子たちってホントにダンスが好きなんだなあってひしひしと伝わってくるよい特集映像でした。
なんかねえ、あんなイカツイおにーちゃんなのに、健全なの。それは、彼らが「ダンスが好き」って正のパワーに満ちているからだと思う、真っ直ぐなの。
好きなことをするのは簡単だけど。
それを認めてもらうのは難しい。
でも、そのギャップはやはり「努力」とか「向上心」だとか、そんなんで埋められていくと思うのよね。
「巧くなりたい」って口で言うのは簡単だけど、それを形にするのは難しいんだよ。
ま、「練習する」「努力する」ってのも才能のうちだと思います(くす)

September 06, 2004

浅い眠り。

今日は午前半休、午後からちょっとした用で出張。←近所だけどね。
出張まで少し時間が余ったので、病棟でちょっとした用事を手伝ったり。
しかし中途半端だ。
更衣室で小児科時代の1つ後輩のKちゃん発見。彼女も出張ってことなので、一緒に向う。よかった、近所とはいえ、情けないほどの方向音痴のあたし、ちゃんとたどり着くか不安だったのだ。
出張、内容はあんまり覚えてないけど。←半分寝てた。
早く終わったから嬉しいなと。
天王寺寄って、食材買って。まとめ買いしなきゃねえ、働く女は(笑)

そういや、今日は微妙に寝不足なのですが。
理由は、昨日の夜、眠りが浅くてね。
どうも地震の恐怖のために、ちょっとしたことで目が覚めちゃったらしい。実際に6時くらいに「揺れてる?」って飛びおきてテレビつけたもん(笑)

で、今日は時間に余裕があったから、細かいところの掃除して。←本日はパイプというパイプを洗浄。排水溝の点検が入るから(笑)
それから、夕飯は手作り春巻きよ(くす)
なすの煮びたしと、豆の甘露煮と。にゅうめんと。
春巻き、ぱりっと揚げることができたのですが、実はあたしはもっとべっとりしてるのが好き(マニア)おせんべいとかも、ちょっとじとっとしてるのが好きなんだな。濡れせんべいとか大好きだもん。

さて、今夜こそ。
揺れませんように(なむ)

揺れて揺れて。

きゃあああ!地震地震!

夕方、何度目かの惰眠を貪っていたときに強い揺れ。
そのときもえらいパニック起こして、実家に電話したり、あちこちメールしたり(苦笑)
だって怖かったもん。
大阪って地震、あんまり起きないんだよね。
そして、阪神大震災の記憶。
あの日、あたしは平日だっちゅーのにゴルフに出掛ける父が玄関を出て行こうとするのをベッドの中で夢うつつで。
そして、突然の強い揺れ。
咄嗟に一緒に眠っていた愛猫ありすをぎゅっと抱きかかえて。←でもウチの子は、あんなんでも一応ケモノなので、何かを察したのか、地震直前にニャーニャー騒ぎだしたんだな。だからあたし、目が覚めたんだよ。

で、さっき二度目の地震。
ちょうどネットでななみんと地震について語ってて、あまりの恐ろしさに部屋中をきゃーきゃー逃げ惑う(アホ)
・・・すると、揺れに酔った(アホ百倍)

しかし地震は怖いですよ。
はー、怖い怖い、まだ少し指先が震えてる。

そういや、数時間前に電話で話してたAが、「こんなとき、ひとり暮らしって怖いって思うよな」と。
うんうんと同意するが、そのすぐあとに、「まあ、こんなときしか思わへんけどな」って(笑)
たしかに(ふむふむ)
もういまさら実家に戻るなんか考えられないもんなあ。
ならば。自分の身は自分で守るしかない(決心)
って、避難グッズはナニをつめればよろしいのだろうか?
・・・しまゆきDVD・・・しまゆき写真・・・アレとかコレとか・・・。
はっ!いかんいかん!
っつーわけで、とりあえずは煩悩よりも人命を優先!←アタリマエ。
いざというときに惑わぬように、今を生きよう。悔いのないようにね。

September 05, 2004

Follow Me

今日はお休み。
うっかりと日記をサボってました。
いや、仕事だったんですが、どうも日記を書く気持ちになれなかったというか。
数日前、かなしいお知らせを受け取りました。
私の人生においてひょっとしたら一番尊敬しているのかな、そんなドクターがこの9月いっぱいでウチの病院を去ることになったらしい。
動揺、そして淋しさ、そしてかなしみ。
先生と一緒に仕事をすることを夢見て、この仕事を続けていたというのに。
家でぐずぐずと泣いて、この気持ちを分かち合える同期で盟友のAと話したりして少しは落ち着いてきたかも。
いや、ホント、所謂「名医」ってカテゴリーからは外れたところにいるのかもしれないけどね。
普段は酒呑みだし、だらしないところもあるし、対人関係が巧いとは言えないし(苦笑)
誤解もされたと思うし、彼のよさをわからない人もいっぱいいると思うけど。
それでも真っ直ぐな心で患者に携わっていると、彼の偉大さがわかる。
彼がよく、「前の病院であなたたちと働いていた頃が僕の青春時代やったかもしれませんな」と。
そう言っていたけれど、それは私もそうです。
あなたと働けてよかった。
あなたと同じ目線で患者さんを見つめて、患者さんが生きていくためのお手伝いをして(微力でしたが)
そして、儚い命を散らしてしまった子どもたちに関わることができたこと。
すべてが私の宝物です。

尊敬する聖路加病院のH先生に昔お会いすることができて、ミーハーにも著書にサインなんかを頂いたのですが(笑)
そのとき、他の先生に言われたものです。
「東にはH先生がいるけど、ここにもS先生がいるじゃないですか?あなたは幸せですよ」
ここ数年、彼は人事的に「エライさん」になっちゃって、臨床で患者さんと関わることが少なくなっていたけど。
だから、彼のことを「S先生?あんまり病棟来ないし」とか言われてても、「先生は忙しいの!」とやたらムキになってフォローしたり(苦笑)
私なんかには手の届かない偉大な方なんだけど、それでも彼の足りないところをフォローする看護師でありたかった。
いつだったかな、彼が偶然院内でお会いしたときに、「ああ、いつもあなたは綺麗ですね」と、そう言って微笑んでくれたことがあったっけな。
それは別に容姿を誉められたのではなく、白衣で働く姿をそう誉めてくださったのだなあと。
彼が誉めてくれた「働く私」にもう少し自信を持って、これから生きていかなきゃ。
・・・と、随分前向きになりました(笑)
ここ数日、ぐずぐずめそめそと泣いてばかりだったのでね。
来月、彼の送別会がある。
彼のために何かプレゼントを選ぼう。
そして、今まであなたにどれだけ影響を受けたのか、どれだけあなたのことが好きなのか、手紙を書きたいなあと思う。
きっと、彼はいつものように照れた笑いをみせてくれるだろう。
そして、いつものように肩を軽く叩いてくれるんだろうな・・・。


« August 2004 | Main | October 2004 »

October 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

SweetMemories

FaVorites!

  • シアワセサガシ
    仲間うちでは女神扱い(笑)の玲さんち。 お元気ですか?そのうちごはんでも食べに行きましょう。
  • memomomomo
    コタさんち。 お元気かしら?また遊びたいですねー。
  • ハナミズキ。
    よしさんち。 いつの時代もツボテキストをアップしてくれる大切なお友達(えへ) でも実はジュンたんの●●にハアハアする●●。←褒め言葉ですよ(にやり)
  • NiCe’N’EaSy
    相方ナナミの日常。 現在更新激しく停滞中。ですが、元気ですよ、彼女は。 相変わらず一緒に居てラクな人。

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ