October 03, 2006

マエノマツリ。

今日はお休み。
いえい!←無理やりテンション上げ。
昨日は夜勤終わってからどうにもテンション上がらずに、ぐったりと寝てしまい。
おかげでやらなきゃならないことがひとつも。←これも言い飽きたな。

さて、そんなぐだぐだな日々ですが。
本日は米米クラブ再結成ライブに行って来ました。
高校時代の親友が彼らのファンで、よくお付き合いで行ったものです。
なので、今回も当然「チケット申し込むから」と2パターンとも(笑)
正直、今日はしんどかったから「うえーん」とか思ってたけど楽しかったよう!
会場には、昔のお嬢さんがいっぱいで。←つまりは年齢層が極めて高い。
背中に乳が(しかも巨乳)があるおねーさんがいっぱいいました。背中用のブラが必要(真剣)
コスの方もいっぱいいましたが、やはりアレは、若い綺麗なお嬢さんがするからよいのであって(以下自粛)
ま、そんなこんなですが、ホント、楽しかったのよう。
っていうか、BUGsがゲストで出てるとはまったく知らずに!
なんかすげえ得した感じでした(笑)
ま、再結成ライブとか来てる人たちは、すげえ熱いファンなので、カッコいい彼らには見向きもしない感じが哀しい(しょぼん)
あたしは、一生懸命99年PZにも出てた彼(ああ、お名前失念)を見てました。
てっぺーちゃんのバラードで、TETSUさん(だったっけなあ)が、ソロで踊るのですが、ホント、見入ってしまいましたよう。ジャズって、あんなんなんだ。オトナのジャズって。うわあ(カンゲキ)
やってくれて嬉しかったのは、「狂わせたいの」かな。「君がいるだけで」とかメジャーな曲はイマイチそそられない。「トラブルフィッシュ」とかやらないのかしら?←やらんだろ。
「ホテルくちびる」とか!←もっとやらんだろ。
まあ、「ShakeHip」とか、普通に振りが出てきたところで、カラダが覚えてんだなあとか思ったり。
ま、久しぶりに過ごした親友とのひとときはやはりかけがえのないもので。
彼女は、この世でいちばん好きな人なので。彼女も彼女の家族もみんな愛しい。
そんなヤツが、いま、とあるナマモノにハマって、主婦、しかも幼稚園児の子持ちのくせに週に3回はとあるステージに通っていると聞いて、ああ、ホント、似た者同士だなあと思ったよ(笑)

さ、今から締め切りモノにとりかかる!
そして、明日はまた米米ライブ!(笑)

July 27, 2004

RADIANT HEAT

永遠のロックスター、広石武彦のソロライブ。
あたしにとって、永遠のダーリンなんだよ、ホント(苦笑)
最初はね、今回のライブは見送ろうと思ってたんだけどね、日程的に。
でも、うっかりとお休みが!なので、ホントにうっかりと(こそこそ)

前夜、いつものようにDVDとか見てたら夜が明けた(笑)
んで、昼に起きて、そこから元麻布のTASTE ONEに行ってランチ。
美味しかったなあ、ランチプレート。あの味であの値段は安いぞ!ちょっとリッチな気分になります(えへ)

お腹がいっぱいになったら眠くなるのはお約束。
ななみんの家に帰って、お昼寝して。←ちなみに「ぷーの一族」・・・もとい!名作「ポーの一族」読みながら寝落ち。
さ、行くよ、広石見に!

えっとね、ライブのテーマ「RADIANT HEAT」ってのは「放射熱」って意味らしいですが。
夏がこんなにも似合わない男の、夏のライブ。
わー、夏!夏!暑苦しい選曲だー(笑)
アップテンポのナンバーでガンガン攻めて、飛んで跳ねて!ひい!きついよ、きつい!あんたも歳取ったけど、客も同じだけいい歳なんだからさあ、もうちょっと加減してよ!(息も絶え絶え)
まあ、冷静に。
広石、声の調子イマイチだったし。ライブの出来としては完成度高いとは言えないと思うけど。
それでも、ずっと好きだった、ううん、ずっと好きな人が、好きなことやって、こんなにも楽しそうだ。
その迷いのない笑顔が、嬉しい。
何度も、広石のこと、好きな気持ちが胸いっぱいに膨らんで、思わず口押さえちゃったよ(笑)←口から「好き」が飛び出しそうだった。マジ。
もー、好きにやんなさいよ、ずっと見てるからさ。
あのとき、ラストライブ、行くことを断念して、あたしは当時の彼氏に連れられて(拉致られた)プーケットとかに遊びに行ったんだけど。あの南国で、甘いココナッツの匂いにむせ返りそうになりながら、「今頃、ラストライブ」って悔やんだことを今でも忘れられないの。
後悔はしたくないの、もう。
だから、広石がライブやるってゆーならば、あたしは見に行くしかないや。
こうして顔見せてくれるってことの幸せを、あたしは噛み締めなきゃ。

で、そんなライブでしたが。
最後の最後、律くんに持ってかれちゃったよー!
律くん、今日もゴスロリで、可愛いカッコしてたんだけどさあ。なんと、アンコールでは、白いセーラー!水兵さんよっ!
あまりにも可愛くて、「律くん可愛い!ずるーい!」って七海とぶーぶー言ってた(笑)←なんで、ずるいんだ?
いや、ウチの子がさあ・・・あんなカッコしたらさぞ可愛いだろうよ、ってね。
って、どんなときも、いつだって、あたしも相方も、しまゆきジャンキーってことで。いやあね(はふ)

July 24, 2004

ひとりじゃ眠れない。

さて、お休みも二日目となると。
それはそれはオタクに遊ぶべきでしょう(にやりん)←間違ってます。
ちゃんと午前中に起きて、実家に行って、愛猫ありすの定期健診。
もう、暴れて不貞腐れるありすの気高さったらないわよ!(姉ばか)
でも嫌われた(しょぼん)
あたしがヤツの獣医通いのために車出すからさあ。
ヤツにとっては、あたし=ありすを怖いところ(病院)に連れていく悪いヤツ、なのだ。
くそう、あんなに仲良しで、あたしの勉強机とかにでろーんと寝そべったり、肩に飛び乗ったり。←おかげであたしの背中はいつも傷だらけだったよ。
冬になればいつも一緒に寝て、春はいつも一緒に惰眠を貪って。←なんか寝てばかりのあたしの人生。
それなのに、ねえ、ひどいよ、ハニー?

で、獣医さんから帰ったあとに母とランチ。
ご飯食べて愚痴聞いて。←これはもう「義務」
母の最近のお気に入りのお店でおよーふく買ってあげて。←遅くなったけど誕生日プレゼント。
ま、まったりとね、楽しかったわよ。

お家に帰って、それから怖ろしいことにチャレンジしてみた!
それは、14年前のビデオを再生&HDDに落とすという荒業だ!
何が入ってるのかはわかってる。当時はちゃんとインデックスつけてた。
ラインナップは。
・爆風スランプのお店(ユニコーンゲスト ライブは「人生は上々だ」)
・ミュージックウェーブ(De-Lax・KATZE・ゴーバンズ・ジッタリンジン・パーソンズ)
・夜のヒットスタジオ(5人体制UP-BEAT最後の出演)
・ビートパラダイス(清志郎と坂本冬美ちゃんのユニット)
・JUST POP UP(UP-BEATゲスト)
・POP HILL’90(UP-BEATとかユニコーン、ZIGGYなどなど)
って感じ。
あたしその頃3倍録画が常識だったんだよね。ああ、あの頃のあたしに「標準録画なさい!」と言ってやりたいところ。でもテープはお高いHGXだった(えっへん)それは誉めてつかわそう。
テープがよいせいか、夜ヒットくらいまでの映像はところどころザーザー言ってるけど、まずまずクリア(ビックリ)
そしてJUST~以降、特に夏のイベントのPOP HILLとかは、ビックリするくらいに綺麗な映像&音声でした。
これってお宝だよね?えっへん。
よしさん、欲しい?←ユニコーンだよ、ユニコーン。民生、若いし。EBIくんカッコ可愛いよ。ちなみに「人生は上々だ」「おかしな二人」「大迷惑」ですよん。

しかしですね、昔のバンドの曲、どれもこれも覚えてんなあ(笑)
ウチのダーリン@広石は、ちょうどお化粧ブームだったので(笑)元々驚くほどに顔がいい男なのだが、迫力美人で困っちゃうよ。
そして、どうしてそこでそんなにいちゃこらするんだ!(笑)
ガシくんのほっぺにちゅーする広石。←だから、テレビ、それも夜ヒットだってば。
凡ちゃんにもちゅーして、抱きついて。
ああ、もう、あの男はやりたい放題。でももっとやって!
そして、ふと思う。
ウチのハニーズは、、散々いちゃこらと手繋いだり、目合わせてにっこりしたり、股間触ったり、胸触ったり、服脱がせたり、駅●したり、おんぶしたり、やりたい放題だったが。←改めて羅列するとすげーな、おい!
とうとう、公衆の面前では接吻することは叶わなかった。←当然です。
いいじゃんよー!究極のスキンシップじゃんよー!
アーティストはみんなやってることなんだよー!(間違ってます、あたしの芸人論)
ってわけで、あたしは今日から(もう明け方なのさ)、東京です。
主目的は、WSS、そして、広石のソロライブ。で、水曜日に帰ってきてその足でゆうりと嵐コンだ(笑)
好きなことやってんだね、あたしの夏。
ま、そうでもしなきゃやってらんねー感じの。

くそう、あのまっくろくろすけめ・・・(意味不明)

ああ、そうそう。
タイトルは、古いビデオを再生してて散々聞いたUP-BEATの「Angel’s Voice」の歌詞より。
あたしはひとりでも眠れる女だが、あたしの愛するあの子やあの子はきっと、そーゆータイプなんだろうな、と。
いや、知らんけどさ、なんとなーくね。

June 22, 2004

NYLON CLUB DELUXE

石井竜也 NYLON CLUB DELUXE
6月16日 フェスティバルホール

ちょっとこの日の休みをゲットするには人知れぬ苦労があったのだ(大げさ)
いや、休み希望忘れててさあ。←自業自得。
んで、出来上がった勤務見たらその日はなんと準夜。あう、日勤でも深夜明けでもおっけーなのになぜにこの日に限って準夜なの?←希望してねえから文句言うな。
しかも新人ちゃんの研修夜勤だったので、下手に他のスタッフと交代することも難しい。ホラ、新人ちゃんのお守りなので、周りはベテランで固めないとね。
っつーわけで、翌週に割り当てられた学生指導を強引に先輩に代わってもらうことにして、無事お休みゲット。
策士・・・というか、手段を選ばぬ悪魔というか。

で、せっかくのお休みです。
ついでにコンサートに一緒に行くのは、高校時代の親友Sだ。
たいせつな友達だ。彼女がいたから生きていくことがこんなにも楽になった、と思う。
前にもどこかに書いたけど、他の友達に「奈央ちゃんはSがいたら他にはいらんのやろ?」と言われたことあったけど(鋭いなあ)「そんなことないって」と答えたけど、実は「そうかもしれない」と思ってたあたし。
思春期の頃は特にそうだったね。他にも普通に友人はいたけれど、たいせつなのはSだけ、何よりも優先するのはSだけで。
まあ、当時はそれで自分は救われていたのだと思う。
別にとりたててコンプレックスがあったわけじゃない。
成績だってスポーツだって、そうだね、容姿だってそれほど悔しい想いをしたことなかったし。←傲慢な発言だこと。でも、とりたてて何かが飛び抜けて秀でていたわけでもなかったのよ(笑)
進学も就職も、思うところに決まったし。
彼がいて、よい同僚に恵まれて。何を不満があるという?
それでも、理由のわからない焦燥感に苛まれて。それは、多分、親子関係ってやつと思うけど(笑)←青臭くて恥ずかしいわ。
普通の親です。可愛がってもらったと思うし、それでもね。それでも。
ま、人の感じ方ってのはそれぞれです。
たとえ相手が天使だとしても、自分にとっては決してそれが救いの手ではあり得ないこともあるんだよ。その反対もしかり。悪魔でも、自分にとってはたまらなく魅力的なことだってある。

閑話休題。
いかんな、テキスト、毎日書いてないと、いまひとつポイント絞って書けない(苦笑)

ま、ひらたくいうと大好きな友人と、遊びに行くのだ。ついでに長らく足が遠のいていた彼女の家で遊ぼうと。チビちゃんにも会えるし。
しかし男の子2人の母親は大変だ!Sの子どもはわりと聞きわけのいい子と思うけどそれでもねえ。
でも楽しかったな。そういや母がお出かけのために早退してきた旦那をも、息子たちをも振り返りもせず。
「母は用事や」と言って出掛けたSは、やはりあたしと同じ血が流れてる感じ(笑)
でも、ここだけ見ると鬼母のようだが、Sがこうして遠出するのはせいぜい年に1~2回。
それ以外はちゃんと家庭を守る主婦として闘ってる。
家、綺麗だったな、相変わらず。
そして結婚当初は「子どもが2人生まれてその子が大学に行く頃破産ですね」と金融関係の専門家に言われたという経済事情もものともせず、堅実に生活している。凄いなあ、立派だ。

で、肝心のてっぺーちゃんライブ。
今回は2年ほど前にもやった『ナイロンクラブ』のデラックスバージョン。
コットンクラブよりももう少しお下劣な感じの。イカガワシイ、派手な。
しかし、いかんせん曲がなあ・・・。
盛り上がる曲に欠け、構成、ちょっと厳しかったかな。
微妙、でした。
しかしてっぺーちゃんのビジュアルは最高点でしたことよ!
だがしかし。
フェスティバルホール。思い出の、かなしい。
あいつらが鮮やかな笑顔であたしの前からばいばーいって。
やはり忘れられないんよね、あのかなしみを。
っつーわけで、シンメでついたダンサーさん。
「島田のが色っぽいし!」
とか強がり言ってみたりする初夏の夜。
心の梅雨は未だ明けない。

October 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

SweetMemories

FaVorites!

  • シアワセサガシ
    仲間うちでは女神扱い(笑)の玲さんち。 お元気ですか?そのうちごはんでも食べに行きましょう。
  • memomomomo
    コタさんち。 お元気かしら?また遊びたいですねー。
  • ハナミズキ。
    よしさんち。 いつの時代もツボテキストをアップしてくれる大切なお友達(えへ) でも実はジュンたんの●●にハアハアする●●。←褒め言葉ですよ(にやり)
  • NiCe’N’EaSy
    相方ナナミの日常。 現在更新激しく停滞中。ですが、元気ですよ、彼女は。 相変わらず一緒に居てラクな人。

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ