July 07, 2008

そこに初夏の潮風が吹きぬけた。

今日はお休み。
さてと、三連休でございました。
ええ、行って参りましたよ、北の大地へ!おお!松山光の故郷…!←C翼では松山が一番好きだったのよ。いじっぱり好きはDNAに組み込まれているらしい。

まずは嵐さん、ドームツアー、無事終了おめでとうございます。
なんだか例年になく嵐コンにハマってしまい、楽しい時間を過ごすことができましたよ。


老後の楽しみのために旅日記を。←もうすでに記憶がアヤシイけどね。
●土曜日。
前夜、夜勤の後に結局「魔王」見てたら夜が明けたよ(あらら)
んで、越岡ウチワをせっせと作ったり旅仕度をして、寝たのは7時。←これがまた、すぐに寝たらいいのにお気に入りの本とか読むあたし…ばかばかー!
んでヨロヨロと起きて、向かうよ!伊丹!待ってて!こっしー!(違)

同行のニノファンの女王は飛行機嫌い。珍しく弱ってる彼女の気遣いを放棄して、機内で音楽聴きながら眠るあたし…もしかして鬼?(答:その通りです)
いやーでもさー、機内放送のチャンネルでCHARA特集やってたんだもん。好きなんだもん。「SwallowtailButterfly~あいのうた~」はとても好きな歌で。CHARAにしか出せない世界だよなあ。
そういやこの手の機内放送では、昔…まだ21歳とかその頃。短大の卒論上げてその足で当時お付き合いしていた彼と行ったオーストラリア旅行を思い出します。エルトンジョンの曲が流れてて。「いい曲だよね」ってふたりで笑い合った記憶があります。だからかな、今も飛行機に乗って、ヘッドフォンをつけると、あの時の旅行とか、彼のことを思い出します。元気かな、彼。風の噂では、結婚して子供もいて、元気に…太ってるらしいけど(笑)
顔がとにかくよかった男でした。隣を歩くと自分がみすぼらしいような気がしてね。

閑話休題。
さてと、札幌にたどり着いて、とりあえずごはん食べて。それからホテルへ向う。デモに遭遇。おお!機動隊だよ。
しかし札幌は涼しくてよかったにゃ。湿度が全然違うような気がします。大阪は、ホント、じっとしてるだけで汗が滲むようなそんな暑さ、でした。
そして、思ったより遠かった札幌ドーム。時間ギリになってたどり着いたお席はスタンド三塁側メインステージ近くの最前列。←K先生ありがとうございました!
視界を遮るものは何もない。そして、ちょうどここは、パレードの終着点。高鳴るパッション!
コンレポは、せっせとメモ取ったからそのうちアップするけどとりあえず忘れないように箇条書きで。

・期待以上の素晴らしい席で挙動不審。
・真夜中に作成した越ウチワが報われました(笑)
・以下、反応。
・越岡…さわやかな初夏の風のような笑顔をくれました。
・辰巳…「しょうがないなー」って感じの微笑み。つーかなぜキミが越岡うちわに反応する?
・江田…一番反応してくれたのがつよしでした!最後の方は惰性でつよしに手を振る私たちに応えてくれたような(イイコだ)グラウンドを駆けながらハケるつよしのお手振りに大喜びするあたしたち。
・しかし…うちわって凄いな!
・島田がうちわの持ち甲斐のなかった子なんで、こんな幸せがあるってこと知らなかった!
・大宮の短パン担当は辰巳、福田。福ちゃんは微妙だ。
・つよしが髪をアレンジしていてまるで女子。←左サイドだけピン?で留めてた感じ。あれって自分でやってんの?
・辰巳は後ろ髪を切ったような気がします。前髪は長いままですが。
・今日も越岡さんが笛をふく真似してました。可愛い~。
・櫻井ソロで辰巳の左ケツが濡れてて笑えた。←なぜそんなピンポイントで汗をかくのだ?
・「シリウス」で天井に星空の映像が映し出されることに初めて気づいた(遅!)
・「シリウス」見ると、KTKの尾身ちゃんソロのコバルトブルーを思い出すのはなぜ?←それは白いドレスのダンサーさんがひらひら踊るせい。違うのは塩田修がいないことだけ(笑)惜しいな、修の代わりに同じようなでっかい踊れる子たちがいるのにな(残念)
・相葉ソロはみんな可愛いけど、どうしてもつよしの陵辱ジーンズに目が奪われます。←なぜにあんなに大穴が開いている…?
・「きっと大丈夫」で、こっしーのシャツの下の方が開いてて腹がチラチラしてたんですけど。
・それはこっしーじゃなくて辰巳がよかった…!へそピを見たかった…。
・奈央さん、こっしーファンじゃないの?
・だいたい、「うちわ作ったんですー」って言ったら、会う人みんなに「辰巳うちわですか?」と言われるのは何故に?
・ま、実際辰巳ばっかり観てるけどね…。←だってこっしーのダンス、アレなんだもん。
・MCで櫻井氏が「李忠成選手と対決しましたー」と言ってて大喜びのあたし。←愛する北京世代のエースよ。
・しかし、そんなあたしと隣の女王以外は、いたってぬるーい反応。
・そうだよね…このあたりが北京っ子の知名度よね(しょんぼり)
・松本ソロでは、辰巳ばかり見てしまうのですが。
・やはり、リフトは「よっこらしょ」って感じだなあ。
・なんか荷物持ってるみたいだ。しかも重い荷物。
・ま、そんなところも愛らしいか!(愛は盲目ってこういうことを言います)
・このへんは細かく語りたいので後日。←そんな日が来るのかなあ?
・「LuckyMan」の「欲しいものなら全部奪いつくせ~」のところで辰巳がその場でバック宙するじゃないですか?助走なしで。あれが見事で好きなんだな。←関係ないけど「助走」が「女装」に変換されて笑った。
・「OhYeah」のところで、あたしのメモに「つよし巨乳が見えそう」とかありましたが。←スルーしてください。
・ホントに良席はクソ舞台でもよく見せるマジックがあるっていうのに。
・今回のライブ、普通にしても楽しいのに席がよいと百万倍楽しい。
・そして、散々堪能したあたしが(と、隣のジュニアファンが)、最後の最後にやられたのは。
・外周、優雅にミュージカル調のお辞儀をする大野だった…!
・あれこそ魔王の微笑み。
・やられたー!(でも嬉しい)

長くなった(笑)
で、ご機嫌ですすきのに繰り出し、ラーメン食って。
はー、いい汗かいたあとのビールは美味いね!

●日曜日。
遅めに起きて。←夜遅くまであやしげなコスプレ女子の番組見てたから起きられないんだよ。
徒歩ですすきのに繰り出して、ちょこっと店をひやかしてたらあっという間に開演時間近く。←っつーか、あたし開演時間を勘違いしてましたよ。やべー。
あ、そうそう。ちなみに昼に食べたのは、海鮮丼と雪印パーラーでメロンジュース。

さてと、本日は三塁側メインステージ寄りのスタンド四列目。
しかし、昨日があまりにも良席だったからちょっとしょんぼり。←人間って贅沢だなあ。

・櫻井ソロで辰巳がアクロで登場!(ロンダード~バック宙)
・え?今までそんなのやってなかったよね?(あたふた)
・いつも赤いキャップ被ってるじゃないですか?辰巳。
・んで、当然アクロしてるからそれは被ってなくて、アクロのあと、誰かにキャップを放り投げてもらってた。
・えっと、立ち位置からすると、多分キャップを預かってたのってこっしーか松本くんだと思うんだけど。
いやあ、鮮やかな登場。身体能力が高いってすごいなー(感心)
・ファイトソングのとき、三塁側のメインステージの方からやつらがポテポテ歩いて出てくるんだけど。←あのどうしようもないダサい衣装で。
・昨日は、辰巳だったのよね。←「いつもはこっしーなのに」とYさんが仰ってた。あたしもそんな記憶が。
・でも、今日はこっしーだったわ。っつーことは反対(一塁側)から辰巳かあ。
・どこかで松本くんとニノが仲良く喋ってて、ちょっとビックリ。
・トリプルアンコールはデビュー曲でした。
・デビュー曲を聴いてこんなに嬉しかったことは今までなかった(笑)

そんな感じ。
はー、終わっちゃった…終わっちゃったよう!
楽しいお祭りの後に訪れる寂しさ。まさかまた味わうことになろうとは…(苦笑)

終わってから女王とタクってすすきのに出たけど、女王がジンギスカンの店の前で「やっぱり気分じゃない」とか言いやがって(笑)
仕方がなく入った居酒屋さんが、なかなか美味しい。帆立のごはん美味しかったなあ。
んで、涼ちゃんとゆーみんシンメが近所にいるっていうから、女王に先にホテルに帰ってもらって合流。
ジンギスカンをちょこっと食べて。←うむ、さきほどのリベンジだ。
大野を語ったよ。楽しかったー!
そして、ゆーみんも、「辰巳が島田に見えた!」と言ってたので、あたしの周りの島田ファンは、今の辰巳が島田に見えるという法則は間違ってないんだなあと。なんでだろう?ちっとも似てないような気がするけど、纏う空気…フェロモンが似てるんだよね、きっと。島田ファンが吸い寄せられるあのフェロモンが(笑)

さて、楽しい日が終わり。
本日、昼の飛行機で帰ってまいりましたが。←あ、空港で案の定散財したけど。
大阪、暑い。
おかげでせっかく買ったうにといくらで海鮮丼作ったけど、ちょこっとしか食えねー。
明日からまた仕事だけど。
が、頑張ろう、うん。

そして、本日ショークラの公録に入ったMさんからメールがきて。
どうやら楽しみなことに(にやにや)
もー、色々楽しみだってば!

June 22, 2008

愛の賛歌。

あーなたーのもえーるてーでー、あたしーをだーきーしめーてー。
って、何に向って愛の賛歌を歌っているんだ。

さて、今日はお休み…のはず。
昨夜のエントリーにも書いたように、企画、進行を担当する研修の打ち合わせに行ってきました、一応。←なんで一応かというと、10分ばかり寝坊遅刻したからだ。
まあ、今年から立ちあげた企画だし。色々やらなきゃならないことはあって。でも打ち合わせに使う時間なんて勤務時間内にはとてもじゃないけど取れなくて。まあ、100人クラスの研修をたった4人で企画進行するんだし。仕方がないけど。
何が気に入らないかというと、上司がテキトーな企画を立ちあげておいて、「あとはよろしくね☆」と丸投げなことだ!
幸い頭の良い人仲間とチームを組めているので、なんとか頑張る…けど。このやり場のない怒りをどこへ!(はうっ)←睡眠不足で怒りっぽいんだね…。
結局打ち合わせは3時間…。そこからちょこっと買い物に出掛けたけど、収穫ゼロ。っつーか、交通費を考えたらマイナスだっつーの。
女王と会ったからお昼ご飯食べて。噛み合わねー会話して。←あたしたちは性的対象の男もオカズ対象としての男も全く異なる。被らない。ゆえに、噛み合わないのだ(笑)


あ、そうそう。本日は代表戦でした。一応おめでと。主力を欠いた相手に辛勝、でしたが。
ナナミとメールをガンガン飛ばし合いながら見てました…が、あたし途中で居眠りしてましたよ(とほほ)
しかし、ホンディーのゴ●ラっぷりに爆笑し、頭髪のヤバさにイエローカード!とか言ったり。きっと目、キラキラさせて観てたであろうこっしーやたつみとはきっと違う視点であったことは間違いない。←あー、でもあいつらは日本サッカーってあんまり観ないのかしら?海外?でも今はユーロやってるからそっちを見てんのかな。くふふ。


えっと。本日のタイトルは、今日観たばっかりのキンキちゃんのDVDの感想ってことで。
思ったよりも映りこんでたMADたちの姿に喜ぶよりも、主役のキンキちゃんたちのアレっぷりに乾杯ー(笑)
しかしどのショットでも越岡はきらっきら輝いて爽やかだね!んで、辰己はハッとするほど綺麗だね!
それから福ちゃんファンは買うべきだと思うよ?
しかし凄かったなあ…キンキちゃん。
あたし、キンキコンは、6年前くらいにウチのハニーズがいちゃこらしてるやつを見に行ったっきりなのですが、あの恐るべき仲良し営業っぷりは毎度のことなの?だとしたらすげえな、おい!

June 19, 2008

くちびるから散弾銃。

今日は準夜。
さてと。福岡より帰ってきました。んで、もうちょっとしたら夜勤に行かねばならぬ(笑)
なので、記憶が熱いうちに(日本語ヘンだけどそんな感じなの)書いておく。多分あとで修正・追記すると思うけどね。ほほ。
ま、ひとことで言えば。
楽しかった!福岡遠征悔いなし!
ってところです(にやり)
ちょうど二宮の誕生日後だったので、MCでM.A.D全員ステージに呼んでくれたしね。ステージでただの客と化したあいつらを、オペラグラスを握り締めてヘラヘラ笑いながらガン見するあたしは、どんだけ変態さんなんだ…!←今に始まったことではない。
今回はお席が狙いすましてメインステージに近い下手のスタンド前列!だったので。色々堪能しましたよ!少なくとも肉眼でも見える位置で満足。ま、この席だと、バクステ遠いから松本ソロは厳しいんだけどねえ。うーん、どこで見るか悩んじゃうね(にやにや)

大阪、名古屋とメモ取ったからそろそろアップしたいんだけど、ちょっと諸事情で締め切りものが(笑)
ま、今回は楽しかったので老後の楽しみに必ず書きますよ。自己満足なの。
なので、とりあえず、MCのこととか、ちょっとツボったこととかを箇条書きでGO!

・二宮誕生日ってことで、MADが松本(だったと思う)に呼ばれる!俺様心の中で絶叫。勝利宣言。
・「きっと大丈夫」の衣装(黒シャツ、パンツ、白ベスト)で全員登場。ケーキの乗ったテーブル押して。
・記念撮影しようよーと、カメラマンがケーキと一緒に嵐さんたちを写そうとしてると、あいつらも調子に乗って指でカメラのフレームの形つくって。かーわーいーいー!←もうなんでも可愛いらしい。末期症状だね☆
・相葉ちゃんにプレゼントを渡す係(どんな係だ?)は越岡。
・ニノへの嵐メンプレゼントはマジシャンっぽい帽子だのつけ髭だの。そんなの。←いい加減。
・あ、そうそう。ニノがその準備してる時に、相葉ちゃんがニノの顔をタオルで拭いてあげてるのが可愛かったなあ。
・で、ニノがマジック披露したりするんですが(多分ね。ちゃんと見てねえ)。
・その間もずーーーっとステージ上にはカワイコちゃんたちがいるんですよ!
・ケーキ持ってきて「ありがとう!MADでしたー!」とか帰らされなくて良かった…。
・んで、二宮のマジック、多分手元は客の方に向いてるから、その後ろで控えるあいつらは「何?どんなの?」って見えないんだろうね。
・あんなに嵐の近くにいるのに、わざわざ頭上のスクリーンをぽかんと見上げる林翔太の可愛いことったら(笑)
・っつーか、おまえら客かよ?
・そんなところもかーわーいーいー!(ちゅどーんっ!)
・わらわら集まるMADっ子たちですが。
・辰巳が小顔過ぎて、被って見えねー。
・江田ちゃんちっさくて見えねー(笑)
・ん?あらそこになんだか素敵な人が(どきどき)
・越岡、ナチュラルに素敵でカッコいいんですけど!
・こっしー、今体調良いのかしら?いい感じで太って逞しくなってて、どっきどきですよう!
・あんな素敵な人とシンメだなんて辰巳が羨ましいわ!
・って、そんな辰巳もステージ上っつーか、会場内でも一・ニを争うとびきりの美少女っぷり。
・そんな辰巳とシンメで越岡幸せ者だね!
・いやん。なんて素晴らしいシンメなんだ!
・あたしは単体萌えはしないんだな…結局しんめもえ…。
・しんめもえの話はいいから、あと他にツボったことを。
・「Oh Yeah!」で「天に届け舞い上がれ~」のところ。江田が手ひらひらさせてご機嫌で踊る姿がたいそう可愛らしゅうございました。
・この曲だったかな?松崎が相葉に構ってもらってじゃれてたの。
・あ、そうそう!忘れちゃダメだ!
・このコンサートでは、あたし的ナンバーワンは松本ソロ(のバック)なのですが。←お察しの通り、大変ですよ、涼ちゃん(私信)
・その次に楽しみなのが、ピエロさんなのね。
・どれくらい楽しいかというと、「松崎がサーカス団の団長でMADメンがサーカス団員。越辰はサーカスの花形の空中ブランコ乗りかな?」「空中ブランコの新技をふたりで練習すればいい」「んで、全国ドサ回りだね!」とか戯言を嬉々として語ってしまうほどに。
・MADっ子サーカス団の話は置いといて。
・あのね、越岡がピエロ衣装でね。
・なんだか胸元がはだけてちょっとエロいことに!
・っつーか、越岡のエロさは、どこか悪のにおいがするのは何故なんだ?←答:あたしの目がヨコシマに曇ってるから。
・悪そうだった…ホンットに。エロいというより悪い感じ。
・そ、そこがたまらん…!(ひい!)
・っつーわけで、越岡陥落に引き続き、(やっぱり)辰巳にもずぶずぶと陥落した福岡ナイト。
・悔いはない。←ちっとは悔いてみるようならあたしの人生少しは変わっている。


はー、楽しかった。楽しかったのよう!
コンサートは一緒に見なかったけど、今回の同行者はいつもの女王。←正式名は変質者の女王。昔は変態の女王だったけどクラスチェンジした。
女王とは大野好き仲間として知り合ったはずなのですが、今は立派なニノ好きの人なのね。なので、あいつも二宮誕生日スペシャルで浮かれきって「可愛い」をうわごとのように繰り返していたけど、あたしも負けずに「可愛かった…可愛かったのよう!」と。
「可愛い」の主語が全く異なるが、幸せなので何も言うまい(笑)
そんな女王と、中州に繰り出して、屋台でごはん。
咽喉渇いてたからチューハイが美味い。ホルモンの串焼きが美味い。ラーメンが美味い。
何よりのオカズを脳裏に浮かべつつ食うごはんは美味しいったら。
結局、真夜中までぜんっぜん噛み合わない会話を繰り返し。あたし、あんまり寝てない。そうね、この三日間で10時間くらいしか(笑)
幸せだ…人生は一度きりなので、好きなことを思う存分するがいいよ!←自分に言い聞かせ。
さ、化粧して仕事行ってくる!じゃっ!←っつーか、博多から大阪まで眼鏡でスッピンだったのか?恥じろ、三十路女め!

あ、タイトルは岡崎京子氏の名作より。辰巳が客席に向って投げちゅーしてるのを観た時に、その笑顔の破壊力にそれを思い出したってこと。

October 10, 2005

君の筋肉が好きかもしれない。

今日はお休み。
そういや、昨日書き忘れたんですけどね。
梅田阪急で3500万円だかのティアラが盗難にあったというニュースがありましたよね。
あたし、偶然そのあとすぐ通りかかりましたよ(笑)
なんか、物々しいなあとか思ってたらそんなことがあったなんて!
しかし、あの人混みの中目撃者ゼロだし、陳列ケースを壊さず鍵開けてるっていう鮮やかな手口といい、犯人はキャッツアイ?(違)

さて、今日はフェスに翼コン観に行きました(どんどんぱふぱふ)
お友達連中の日記を見る限り、あまりにも評判がいいので楽しみにしていましたが。
うむ。よいぞ。
いやあ、翼、もっとお喋りもお歌もアカンかなあと思ってましたが(ごめんなさい)
なんてことない。あたしみたいな特に目当てのいない客を飽きさせることもなく。すごーく好感のもてるタレントさんになったじゃないですか。びっくりよ。
しかし、登場の瞬間。「ちっさ!」と呟いたのはナイショ(くす)
翼は、いつまでたっても少年の身体つきなんだよね。決して背が低いわけじゃないのになんだかすごく華奢な感じがしました。しかしスタイルいいなあ。
ソロコンの醍醐味、その空いた空間を埋めるバックを堪能。
やはり幸宏くんがズバ抜けて上手、でしょうか。
伸ばすところはきちんと伸ばし、曲げるところはきっちりとその角度に曲げ。上半身もゆらゆらぶれず。あの子って癖があるの?ダンス?すごくコアな人気があるじゃないですか(笑)?そういう子って得てして癖のある(いい意味でね)ダンスだったりするじゃないですか。でもあたしはとても基本に忠実な印象を受けました。とにかく、巧い。ひょっとしたらユキより巧いかもなあ(笑)とか思った。
他の子たちも、なかなかじゃないですか。←でも、他の子たち見て、しまちゃんとユキってダンス巧かったんだなあとか思ったよ。ごめん。
そんな中、一番いっぱい見たのはかわりょんだったりして。
だって、身体っ!っつーか筋肉っ!
知らないうちにすげえいい身体になってんですけどっ(ひゃあ)
肉フェチのよしさんが、かわりょんの筋肉について熱く語ってくれたメールをくれたけど(笑)たしかにそんな感じ。詳しくはよしさんちのblogをご覧になってください。近日レポアップだそうです(にや)
あの筋肉がくりだすダンスは上手下手を抜きにしてなかなか迫力のある代物でした。ほう。
あのね、オトコノコはやはり痩せてるのよりも筋肉ついてる方が好みです。
だから、ジュニアの小さい子って身体ができてないでしょう?なのでそれがダメなんだなあ。なんか痛々しいのよ。

曲でいえば、「2nd Face」のかわりょん。筋肉が見事でした。←ポイントは筋肉かよっ?
FIVE曲、力也がうっかり歌が巧くてビックリした。目玉落ちた。
「流れ星」、ようやく名前と顔が一致した山本くん、すごい体型がずんぐりむっくりなんですが(コドモなんだね、まだ)、バラード曲、上手でしたよー。っつか、なんか一生懸命さが伝わってきた(笑)
そして、一番楽しみにしてたのは「十六夜物語」だったりして。あたしは京都でのオッサンバージョンしか知らないのですが、オッサンの想い出上書き。や、あれはあれで今でも好きだが。あの布と玉のトリック、最後までわからんかった(笑)
幸宏くんと幸太郎くんのシンメでしたが、幸宏くん、上手だったなあ。あまり色気を感じない(あたしはね)幸宏くんだけど、これはちゃんとむんむんしてました。
しかし、「AXEL」はどの子がバックについても、どうしても帝劇で水色シャツをはためかせていた豪腕セクシーシンメを超えるものはない、のかもしれない。や、今日は哀しくはならなかったけどね。でも、ねえ。
あとは「DO ME CRAZY」の振りは元バージョンのが好きかも。まあ、これもあまりにもテープが擦り切れるまで見たせいもあるかと思うけど(苦笑)
そして、すべての曲、すべての場面において上里亮太は神々しいほどの美しさでございました(平伏)

あ、そうそう。MCで翼が、「前向きに生きていく」みたく言ってたけど。
あたしは、時には「後ろ向き」に過去を振り返ってもいいと思うのだ。どうしても辛い時、それでも少し休んで後ろを振り返って、楽しかったこと、幸せなことを思い出すことで、また歩き出せるのならば、それでいいんじゃないの?と思いまする。過去を振り返るのは、別に悪いことじゃないんだよーってことを、すっかりとババアになった今、思うのです。過去から戻ってこれないっつーのは問題たと思うが。
って、話が逸れたけど。

そんなこんなでとっても楽しかった翼コン。
もう一度観たいから、名古屋に行くことにした(ええ?)

そして、りきこも来てるし、よしさんも来てる。さらに日記を拝見したら玲さんも翼コンいらしたんですね?当然まりさんも来てたし。そんなあたしはゆうりと一緒に入ったし。
なんと、前のサイトの相互リンク先のほとんどがこの大阪に居たってこと(笑)?
DNAに組み込まれてんだね、きっと(謎)
しかし楽しかった!
帰りに食べた新地の外れのイタリアンレストラン、美味しかったし。←ダイエットはどうした?
なんか浮かれて気が大きくなって、入浴剤とか色々大量買いしちゃったよ。よかった、服屋が閉まってる時間で。服見たら、あたし絶対買い物してたよ。そんな感じで気が大きくなってた(単純)

そうだ。
楽しかった翼コンだが、ひとつだけ難点が。
なぜに、あんなに帽子多用なのだ?←バックが。
もし、あたしのご贔屓があの中にいたとすれば、怒り狂って舞台に駆け上がって帽子片っ端から奪いとるね!(笑)

July 27, 2005

ONE

今日はお休み。
嵐コンざんす。
嵐は、ファーストコン=全ステ、セカンドコン=大概行った、一昨年=破産した、って感じで昔はアホみたく通ってたものですが、ここのところ「1回でいいかな」って。なので今年もこれっきり、なのです。珍しくアリーナ来て嬉しいような面倒なような(微苦笑)

久しぶりに(2年ぶりだよ)メモ取ったので、箇条書きでGO。
ああ、当然ネタバレですので、嫌いな方は見ちゃいやん。ついでに嵐ファンは怒らないでね、と。←つまりは、そういう内容らしい。

・開幕。気になるのは大野のビジュアル。ぐわ、さ、サルだ・・・。
・しかしよく見ると、身体はシャープだし、お顔もむくんでない。うむ、顔のコンディションは良し。←ココ、重要。試験に出ます。
・「ハダシの未来」で、あたしのすぐ横の外周に福ちゃんがっ!
・ってゆーか、その髪型は?(愕然)
・えっと・・・アフロ?
・いや、違う?じゃあ、鳥の巣?
・つまりはそんな頭なのだ。ヅラかと思ったが天然の模様。ふうむ、昨今の少年ではアレが流行り?(違うだろ)
・しかし福田くん、すっかり大きくなっちゃって(ほろり)
・ホラ、しまちゃん!キミの可愛がってた福ちゃんはもうどこにも居ないのよ?っつか、オマエが守られてしまえ(ええっ?)
・そして、ジュニアチェック。
・あら、幸宏くんってば!なんて素敵に成長なさって!
・そして幸宏くんといえば、もれなくかわりょんなのですが、すっかりと部活に一生懸命な高校生って感じで。ダンスは死ぬほど濃かった。孕みそう。
・ざっきゅは、思ったよりも爆発頭ではなくちょっぴりがっかり。でも、いつでもどこでもアホーなことをやらかしてて、誰かジュニアが笑ってて、その視線の先を確認すると必ずざっきゅが居たりして。おお、これは、誰かに似ている!
・って、なんてことない。伊藤キャラなんだ(笑)
・武内くんは、その髪型、微妙な気がするが、男前度が上がってどっきどきよ!
・でもあたしは辰巳とこっしーが見たかったのよ(がっくり)
・なんかジュニアばかり語ってる気がしないでもない(しーん)
・い、いや、気のせいよっ!(おぶおぶ)
・まあね、嵐コンのジュニアは、いつも思うけど、本当に「楽しい!」ってのが滲み出てて、それはジュニアの本来の姿であるのではないかなあと思うのですよ。
・少年が少年らしく。コドモはコドモらしく。うむ、こっちもその零れそうなほどの笑顔、伝染。
・それでは各自のソロ雑感。
・相葉ちゃんソロ。←ごめん、すでに忘却の彼方。でもジュニアが可愛かったのは覚えている。
・ににょんソロ。←可愛かった。曲も振りも。もう、ニノミヤソロは、ぼろ~んってギターかき鳴らして、薄暗い青春の歌を切なく歌い上げられるばかりかと。よかった(ほっ)あれはあれで青春期のお嬢さんはよいかもしれないが、青春期などタイムカプセルにぎゅーぎゅー詰め込んで、地中深くに埋めてしまったあたしは、ちょっと背中がもにょっとするのだ。
・大野ソロ。←絶品です。踊る大野、マジな大野。その希少価値に乾杯(笑)って、嘘ですよ。大野は嵐のメンバーになってから、手抜いたところ見たことない、あたしはね。昔はあんなにムラのあったやる気も、今はかなりのレベルで安定している。ま、それがプロとして当然のことなんだろうけど。でもテンション低い時でも、あれだけあたしたちを虜にしたんだよ?そりゃ、手抜かずにいればこっちはメロメロでしょう(笑)?
・で、大野ソロは知らない曲でした。かなり、踊る。
・んで、アレは自分で振り付けしたんだよね?(パンフより。今、手元にパンフないからうろ覚えでスマン)
・うわ、好きそうな、振りだ(笑)
・バックのコドモたとがかなりカッコよかったのだが(福ちゃん、幸宏くんがツートップ?)、ここはあえて大野語りを。
・あの人、なんであんなに軽やかに飛ぶのだろう?
・かつて、失礼にも「軽やかなデブ」と友人の友人が称したものをおおいに納得したあたしですが。
・今は太ってない、大丈夫。
・でも、なんかねえ、あの人のダンスって、空気を切り裂くシャープさってよりも、薙ぎ払って、取りこむ、って。そんな感じがする。うまく言えないけど。だから、そこには大野の空間が出来るの。
・あたしに霊感とやらが備わってたら、「うーむ、見えます見えます見えますー!」と、大野の周りを取りまく薄いオーラを堪能するのだろうが、かなしいかな、あたしは霊感の欠片もござりませぬ。
・なので、ひとことで表現。
・「大野、凄いよ。」
・はー、いいもん見た(しみじみ)
・しかし、去年のソロとカテゴリーは同じ、ってのも否めない。
・ま、いいけど、好きな路線だ。
・大野ソロに放心していると、そっから先、メモが抜けてる(がびん)
・なので順不動で。
・黒上下(ラメラメ)にインナーは白レースの衣装。どこぞの少年隊のようです。
・その衣装のとき、大野がバレエっぽいクラシカルなダンス。美しさが目に痛い。
・櫻井ソロ。←その衣装はパジャマでしょうか?(真剣)
・バックのジュニア、幸宏くんがひときわ目立っていました。巧くて。金のステッキ(?)を操りつつ、余裕のダンス。上手な子だなあ。
・そして問題の松本氏ソロ。
・SMクラブなお姉ちゃんたちを従えて(いや、従えられて?)、これでもかっつーくらいのエロダンス。
・ソロの出し物としては松本氏の勝利かな?とおもふ。
・しかし、あたしは隣の女王と、「ココは笑いどころ?」と顔を見合わせて笑っておきました。
・脱ぎゃいいってもんじゃねえ。っつーか、そんなに簡単に脱ぐのは安い。チラリズムと出し惜しみこそ永遠のエロティシズム(力説)
・そんなあたしのエロ論なぞ誰も楽しくないので。
・でも、この路線は合っている、彼に。
・思い返せば、「スーパースター」とか「夜を盗む」とか、彼はいつも自分をいかにカッコよく魅せるかってのを考えているような気がする。
・失敗もあるけど。←やまざきまさよし・・・。
・松本ファンは通うべきでしょう。うむ。
・でも、あれだけ露出してるのに、それほど色気はない、ような気がする(苦笑)
・なんか、若い子が、おねーさん相手に見栄はって、雑誌で得た知識(テク)を汗かきながら披露しているような感じ(笑)←ひでえ!
・そして、見せ場、かな。
・「RIGHT BACK TO YOU」は、着物っぽい衣装で。
・コレの大野がね、絶品だったのだ(ばたり)
・って、コレは他の4人もいたのかなあ?覚えてないくらいに、大野のイメージが鮮烈だ。
・大野大野大野っ!
・無意味に叫んでみるくらいに大野が好きだと思った(笑)
・ああ、そうだね。秋の舞台もこんなのなんかなあ、とかニヤニヤしちゃったよう。
・あ、そうそう。コレのバックの衣装がね、アレです。2001年PZの「どうなってもいい」衣装だった(と思う)
・瀕死。
・くそう、心臓ぶち抜き曲の衣装を。←想い出は未だに重い。
・そして、目玉飛び出た出来事。
・大野、何の脈絡もなく、いきなり松本氏のほっぺ(というか、こめかみ)にキス。
・はあ?(顎外れ)
・そして、松本氏、仕返しとばかりに大野の唇を狙ってがばーって。
・しかし未遂。
・身体は許しても唇は許さない(違)
・しかしよかったな、アレが松本氏で。あと相葉ちゃんでも許せる(あたしが)
・他の誰かであったなら・・・考えただけでも怖ろしい(自分が)
・あ、そうそう。ナチュラルに「缶蹴り」ごっこをしてましたが、あたしも女王も「缶蹴り」のルールがわからぬ(笑)あれって、缶を飛ばしっこしてその距離を競うものではないの?なんか鬼ごっこっぽかったけど、関西には(ウチの地元には)あんな遊びはないように思う。うーむ、謎。
・ラスト、「あなたにとって大切なoneはなんですか?」の問いかけに。
・お嬢さんたちは「嵐!」と応えてましたが。
・あたしは即答で「しまゆき」
・シマユキに決まってんだろうっ(けんか腰)
・そして大阪ラスト、盛り上がってトリプルアンコール。
・お約束で最後に櫻井氏に「子猫ちゃん」と言われて。
・はあ、かつては「大阪people(ぴーぽー)」と、ヒト扱いであったのが、とうとうケダモノにクラスチェンジね!と、またしてもうがった物の見方をしてしまい、女王にたしなめられる。

って、そんな感じ(笑)
とてもよいコンサートだと思うし、楽しかったとも思う。
でも、なぜだか切なくて。どうしようもなく、切なくて。
それは、楽しいはずなのに、無条件に楽しみきれない自分を感じたからだと思う、のだ。
その理由はなんとなくわかっているけれど。
それでも、大野、見たいからねえ。
だから、一度でいい。
大野を観るために、あたしは今日みたく、嵐コンへ行くのだと思う。
大きな理由は、ココには書かないけど、小さな理由としては、アレだな。
あの青春っつーか、普通に夢を追いかけているキラキラした空間には馴染めないってところだろ(笑)ごめん、すっかり穢れたオトナで。
どうも、あの眩い空間には、あたしの居場所がないのだ。だからちょっともぞもぞする。
でも、問答無用で楽しいコンサートだったので、きっとファンの方はおおいに楽しめるような気がします。いま、事務所の中で、一番コンサートが楽しいのは嵐なのかもしれない。

嵐コンの前に、糖朝でまぜ麺と点心とスィーツ食った!ぎょえー!美味い!
ついでにおお振りのグッズとか買った(笑)
そんな、楽しかった一日。
しっかし、足が重いよ、疲れたなり(はふ)

December 23, 2004

女子高ウォーズ!

とりあえず。
熱海日記も、WSSも、新感線の「SHIROH」も、買い物日記も保留にして。←あとでゼッタイ書きます。いや、書きたいの(笑)
そして、今日Hさんと一緒に観たJIS企画の「マダラ姫」のレビューも保留にして。
ついでに明日提出の学生指導の指導要綱の宿題も保留にして(あう)←これは徹夜してでも仕上げねばならぬ。
何を語りたいのかといえば、アレですよ、アレ。
関ジャニ8X’masパーティーですよ!おほほのほ!
情報局の会員ではないあたしが激戦だと噂されたクリパに潜り込むことができたのは、ゆうりのおかげじゃ、ありがたや(拝んでみる)←情報局、最後の名義は原でしたよ、あたし(苦笑)
ってなわけでゆうりと入りました、本日ラストの回。
しかし関西ジュニアのことは昔からあたしは「関ジュ」と呼んでいたがもうこれは死語なのかしらー?←ちなみに東京ジュニアは「東ジュ」と呼んで区別してたね。
1999年夏の初めての関ジュコン、高黒いなくて泣きながらも通った(通ったんか!)99年冬コン。そしてそれからも。
もちろんそれ以前のKTK時代から、関西の子はやはり特別でした(しみじみ)
なので今年はCDデビューも果たして勢いのあるあの子たちを見ることができるのはとても嬉しい。

・・・とかいいながら。
いやん!奈央ってば!どうしてメインのエイトさんがそこにいるのにバックをオペラで執拗に追ってるの?

それは、なのです。
所詮、メインではなく、華やかなスポットライトからすこーしばかり外れたところにいるバックの子が好きだからです。くそう、いやな習性だ!(笑)

っつーわけで、メモ取ってないからレポはできないので感想文をいつものように箇条書きでGO!

・松竹のボディーチェック、年々ヒートアップ(笑)!
・MDウォークマンとよく似た形のゲームボーイを怪しまれる。恥。
・乳、触られました。実は初めて(どっきどき)
・例年よりも念入りだったような気がするねえ。あんなもん?あれじゃオイタはできないね(くす)
・ゆうりと一緒に向ったお席は・・・通路脇!ガッツポーズ!
・花道寄りよりもある意味幸せ。
・それは花道をびゃらーんと通り抜けるメジャーどころよりも通路を通り抜ける雑兵のが好きだから(失礼極まりない)
・そしてその予感は大当たりよっ!
・キク!キクっ!菊岡~!白い衣装でひらひらと、儚げな風貌はそのままに、しかしややふくよかに(笑)
・ううんっ!そんなことないわよ、キク!可愛い可愛い可愛い~~~~!
・と、呟いてたらなんとなくゆうりの失笑が聞こえたような気がした(空耳よね?おほほ)
・至近距離を通った菊岡は白い菊・・・はっ!白菊?(縁起悪!)←ついでにあたしの頭も悪!
・しかし代々関西の子はお顔がいいね!古くは関西お兄ちゃん四天王(あたしが勝手にそう呼んでる。松尾、土山、牧山、塩田)とかから始まり、野中や横山、カッコいいのも可愛いのも各種取り揃えられててお得な感じです。
・まあ、それくらいに菊は可憐だったってことで。
・そして菊と並ぶカワイコちゃんは、中間!
・髪型、微妙な感じだったけどそのビジュアル衰えず!そしていつも笑顔で好感度高し。
・そんな中間とシンメ(ってわけではないのかなあ。相方?い、いや・・・)の桐山ですが。
・悪いことは言わない。もしもここを訪れている石田ファンがいるならば声を大にしてお勧めしたい。
・石田ファンは桐山に降りるべし(本気)・似てるんだよ、あの筋肉とか、熱唱とか、ウザ(ごほごほっ!熱いところとかね!)、いちいち仕草が一昔前のキザったらしいところとか!←誉めてんだよ。
・あんな中学生ってどうよ?どうなの?
・もう視線はついつい桐山に(笑)
・これは恋?(どっきどき)
・しかし今日はBADのパターンの方で良かったなと。
・光ちゃんの笑劇でやった「so young bules」を股間触りつつ、腰振りつつ熱唱する桐山と中間。←曲名調べようと自分のサイトのレポ読み返したらアホなレポで笑えた。
・いかんいかん、桐山語ってどうするよ?キクと中間を!
・菊岡がねえ、赤いシャツに白いマフラーで反則だったわ(昇天)
・いや、あたし的菊岡は、「フランス人形」なんですが(笑わば笑え!)
・ほほう、お人形さんではなくて、サンタガールだったのね!(違)
・あと、ラストのいろは節で櫓囲んで踊る菊岡と中間がね、隣同士だったんだけどっ!
・可愛いふたりが並んでるだけで目の保養だわ・・・と、オペラを握り締めていたのですが。←しかしどっかで聞いた台詞だわね。
・何?何?何なの~~~~~??あのふたりってば、なんか顔見合わせてはにっこりしたり、肩ぶつけ合ったり、髪をくしゃって触ったり、とにかくとにかくとにかーく!いちゃっとしてたのだ!いちゃこらと!(はあはあ)
・なんかねっ!女子高みたいなのよ!ふたりが並んで仲良しだとっ!
・なんか悔しいのは、いちゃっとするユ●なニオイのするふたりってのは、ウチのハニーズ、シマユキの専売特許だと思ってたから(アホ炸裂)
・どうしよう?(どきどき)やはりあたしはこの路線なのかしら?(意味不明)
・ま、とにかく仲良きことは美しきかな。←強引なまとめだ。

っつーわけで、ひたすら菊岡と中間が可愛くて、桐山に仰天したクリパ。
もちろんメインどころのエイトさんたちは、ずっと見てきた子たちなのでもう「立派になったねえ」と隣のおばはんの心境ですよ。
すばるちゃんが反戦を訴えかけたり。
大倉が立派な挨拶したり。
精神年齢は小学生並(しかしお顔はスペシャルに良かった)の横山も、随分とオトナになった。
豆粒よりもちったかった亮ちゃんもすっかりといい男になってさあ。
愛しいね、ホントに。
ってゆーか、MCの安定度は関西の子たちが一番では?
ちなみに今回は、「女の子への甘え方」みたいな話題になって、「赤ちゃんことばとか使うん?」というのに素早く反応したすばるちゃんの、「そんなん俺らがやったらプレイになってまうやん」に悶絶爆笑でしたよ(笑)
しかしあとで玲さんからのメールでお昼の回にはバックの子たち出してもらって菊も喋ったというじゃないですか?ぎゃーす!み、見たかった(ばたり)はにかんだ微笑を浮かべながらたどたどしくマイク持つ菊岡!←容易に想像できる。
これだよ・・・これだからMC全部違うパターンするから通わなきゃなんだよねえ(ふう)
かつてはそうやってKTKも、関ジュコンも通ったもんさ。

ってなわけで、非常に楽しいコンサートでした。
昔の曲満載で、あなざの曲とかやられると、一哉思い出してしょんぼりしちゃったけどねえ(くすん)
おかげで帰りにゆうりと延々と飲んで語ったもんさ。ふう、満腹。梅酒が美味しかったのだー。
ゆうり、ありがとう、感謝だ。押し付けたアレ、やっと渡せて良かったよ(笑)

September 24, 2004

おめでとう、しみじみと。

今日は日勤。
仕事はさっくりと終えて、ふーっと一息ついてたら。
退院したばかりの母からメール。
「祖母、危篤」
ありゃ・・・とうとうか。
ウチの父方のばーちゃん、92歳なのですがね。もうここ何年も入院してたのですが、とうとう危ないってこと。
まあ、あたしは今夜は夜勤なので、明日にでも見舞うってことで。
ふう、なんだか慌しいわね、我が家(苦笑)←いや、ホントは笑えないけどさ。

んで、Mステですよ。
この前の出演時はうっかり見逃していたのですが。←ほら、ジャニ離れ著しいからね(笑)
なので今回はちゃんと留守録セットおっけー。
関ジャニ∞のご出演です。わー、ぱちぱち。
っていうほど、今まで∞面にはまったことはないのですが(あれ?)
やはり、ずっと見てきた子達じゃないですか?ひとりも嫌いな子はいないし。むしろあたしはかなりの横山好きだよ。
なんかねえ、もう。立派になって(ほろり)って感じ。
横山、野中とセット売りされてた頃は、それはもう麗しいふたりだったのですが、あの寒い感じのふたりの距離感がたまらーん!って感じで。←ホラ、奈央さんはマゾなので。
そんな横山が野中にうっかりとマジちゅーとかしてしまったカンジャニナイトは宝物映像ですよ。大石恵嬢の「横山くん、うれしそう~」って天然かつ的確なコメントに死ぬほど笑ったあの冬の日。
どこか尖った印象だった横山やすばるちゃんが、ホントに大人になっちゃって。しかもいい感じに大人になってさあ。やはりおねーさんはホロリなのですよ。←ポロリにあらず、ってナニ言ってんだ!
ABCが(そうよね?)紙吹雪をひらひらさせてましたが、うん、そんな感じ。
今まで頑張ってきたあの子たちに幸あれ!と。
ふむ、長年頑張ってるといいことあるもんだね(たまにはね、あの事務所にしては珍し・・・禁句だ)

で、久しぶりにMステなんぞを見ましたが、華原さんの新曲が、なかなかしみじみといい曲だったり。
聖子ちゃんのお嬢さんが、地味ながらもよい曲歌ってたり。←って、SAYAKA嬢、ふとした表情が聖子ちゃんにクリソツでビックリしたよ。そんなあたしは中学生の頃、聖子ちゃんブームに乗っかってました(笑)セカンド、サードアルバムあたりは名曲がごっそりよ。
あと、美勇伝の一番若いお嬢さんの豊満な胸の谷間にどっきどき。
っつーか、石川さん、元々可愛い人でしたが、しばらく見ぬ間に大人っぽくなってました。
石川さんといえば思い出す。
知り合いにですね、体重100キロ、趣味は娘。DVD鑑賞の所謂オタクな男がいるのですが。
そんな彼、好みのタイプは「石川りかちゃん・・・」と顔を赤らめていたっけ。ひい、ぶるぶる(失礼)
そんな彼に、うっかりと初代ガンダムフリークであることを漏らしてしまったために、ことあるごとに「奈央さん、ガンダムの●●が~」とオタク情報を教えてくれるし(笑)
オタクの典型な彼でしたが、あたしは笑うことはできぬ。
うう、屈辱。
所詮、オタクの性は隠そうとしても隠しきれぬ。
そうね、「島田は宇宙一可愛いわね」と真顔で言い切ってしまうあたしの顔と、「りかちゃん(うっとり)」ってDVDを食い入るように見つめる彼は、きっと同じ顔してるはずだ。
いいのいいの!ビバオタク!この不景気な世の中で、経済を支えるのはきっとオタクなのよっ!←オタクは世界を救う。

って、やなシメ方だな(苦笑)

September 11, 2004

OH!魅惑のFU・TO・MO・MO!

今日はお休み。
昨日歩き疲れたせいか(いや、ゲーム夜中にしてたせいか)眠いったら・・・。
そして、今日はマンションに配管の業者が入るってことで、うっかり外出もできなきゃ、あまりひどい格好でダラダラもできぬ。
昼前にようやくきた業者が帰ってからも、あたしと七海、ゴロゴロしつつ漫画読んだりしてた(苦笑)

で、おやつ時にお出かけ。
・・・しかし、腹が減ったので、近所のそそるカフェでランチ(って遅いけど)
美味しいカレーに豆乳プリン。
あまりにも美味しくてほっぺた落ちそう!(あぶねー)

美味しいもの食べて上機嫌なあたしとななみん。
天王寺の買い物どころを攻める!・・・ありゃ?
なんか、秋物ラインナップ、イマイチそそるものがなく。
はー、何も買わなかったよ、ビックリ。
しかし悔しいなあ。「買い物するわよ!」と意気込んで乗り込んだのに、戦利品ゼロってのは。
今年の秋物は縁がないのかしら・・・。←この考えは翌日覆される(笑)

しょんぼりしつつ城ホールへ。
今日はTOKIOコンなのだ。初日です。
10周年記念ライブってことで、シングル中心の構成。
智也が、途中短パン履いてくれて大喜び。
しかし、それよりも茂くんが色っぽくて可愛くて、あたしと女王大興奮(笑)
いやあ、可愛かったなあ!
ライブは、楽しかったのですが、構成、ちょっと間延びする場面もあり。どうでしょう?
ああ、そうそう。関ジュが見にきてましたねー。途中、風船飛ばしにステージ上がった彼らも微笑ましかったけど。←横山が達也くんにケツ蹴られてた(笑)可愛がって貰ってたんだよね、たしか(ふむふむ)
ちょうどあたしの席からは彼らがライブ鑑賞するところがよく見えたのですが、リズムに合わせて体を揺らしたり、ちゃんと楽しんでいて、ああ、やはりあの子たち、愛しいなあと。
そんなあたしは、ここ数日、街に出てはCDショップに立ち寄り、彼らのデビューシングルを探していたのですが、とうとう見つからず。ホラ、ネット通販だと、オリコンの売り上げに反映されないとどこかで聞いたので。←違ったらごめんなさい。今、調べたけどちょっとわかんなかった。
ま、そんな理由もあるけど、通販よりも、ちゃんとお店で買いたかったんだよね。彼らの積み重ねてきたものが、結果となって形に残った。それをこの目で見たかったのかもしれない。
閑話休題。
しかし、しょんぼりすることもあり。
「DR」とかね、不覚にもじわりと涙が溢れて困った(苦笑)
楽しかったTOKIOコン、弾けるような島田の笑顔、よそゆき顔してるくせに、こっそりと悪戯してたユキのこととか。
そんなものを瞬時に思い出して切なかったなあ。まだまだ。囚われたままだよ、過去に。

ライブ終わってパンフ購入、ついでに豪華ショッピングバッグも(笑)
しかし今回のツアーのパンフは秀逸です。あれで2000円、安い。

August 03, 2004

涙の横浜アリーナ。

今日はお休み。
授業2日目。楽しいような、そうでないような(微苦笑)

でも、午後の授業が始まったあたりからあたしは気もそぞろ。なぜなら今日は嵐コンなのだ。
学校から新横浜までは1時間くらいかな。授業が終わるのが17時なので少し遅刻するくらいで。
だがしかし、事件勃発。
まずは授業が押して17時のバスに乗れなかった!ひい!最寄り駅についたのは17時20分くらい?もう、完全に遅刻だ、仕方がないから新幹線で新横に・・・。
そう思ってたら、ガタンと。
え?なに?
すると山手線、事故のため(いや、誰かが線路に下りたらしい)ストップ!
えええええーーーーーーーーー(絶叫)
ど、どうしよう?どうしよう?恵比寿でストップしたまま途方にくれるあたし。
ななみんが電話してくれて、あたしは助言に従ってそのまま地下鉄に乗り換えて菊名まで。
ああ、大野ソロまで間に合ってくれたら・・・っていうか、大野ソロをもう一度見たくてチケット譲ってもらったんじゃないよ!
ああ、無情。
横アリに到着したのは、もう18:30をとっくに過ぎていて。
大野ソロは終わっていて。
席について、ナナミの顔見てポロポロ泣いて(恥)
あうあう、見たかったの・・・大野、見たかったの!
今回のソロは、ジャズでもないし、すごく好みの振り付けってわけじゃないのに、大野のそのダンスに圧倒されるほどの見事な出来じゃないですか?
伝わる気迫、そして確かなテクニック。
間違いなく、大野、事務所内で一・二を争うほどのダンス巧者だと思うの。←反論は許さぬ。
ぐずぐず泣きながら(ホントに泣いてんだよ、この女)今後の嵐コンスケジュールを調べて、自分の勤務シフトと照らし合わせてもいるけど、どーしても合わない。
さよなら、あたしの夏(ひゅる)
まあ、DVDになるっていうからね、それを楽しみに待つか。
でも、心に鮮やかに残っているから。大野のダンス。あう・・・でもやっぱりもう一度見たかったよう!

帰りによしさんとお会いして、その滑らかな白い胸の谷間にどっきどきよ!(笑)←いや、触ってごめんね(くす)
ナナミの家に帰る途中で美味しい中華屋さん発見して、大野に乾杯して。←ついでにシマユキにも乾杯しておいた。あたしらは病気なので(しまゆきジャンキー)
さ、今日も豪快に寝落ち。
ごめん、やっぱり慣れないことしてると(勉学)疲れるんだよう。

July 28, 2004

嵐!いざッ、NowTour!!

朝、早くに起きて。←嘘、ぐずぐず言ってた。毎度のことながら寝起き、すこぶる悪い。島田みたく目覚まし投げないけどさ。
ななみんにご飯作ってもらって、ばいばーい。
そうなのだ、今日は嵐コン!お昼の部!大阪に帰らねば~!
いつもは嵐は、女王と観るのですが。←ファーストコンからずっとだね。ちなみにファーストコンは、大阪も横浜も全ステしたさ、あははのは。
女王は、ハニーちゃんたちの露出過多のため、お仕事の都合がつかずに今回は断念。で、ゆうりを誘ってみた(笑)

新大阪からそのまま城ホールに直行して、ニューオータニでランチ。
途中、元暗●潮●(なぜ、伏せる?)のMさんと合流。えへえへ、お会いできて嬉しかったですう。
やや遅刻気味に(実際遅刻した)会場入りして。←アタリマエだ。ダラダラ食ってたから。
アリーナでしたー。アリーナの中央、島の部分が近い席。珍しく良席だね(苦笑)←いつもはスタンドが指定席。

嵐は、大野以外、よく知らない。
イマサラ、何を言う?と笑われそうだが、ホントにそうなのだから始末に負えないねえ。
今まで、ハマるどころか、興味すら持てなかった子たちと、大好きな大野がユニット組んで。
そのうち慣れるだろ?とか思ってたら、とうとう今まで慣れなかった(苦笑)
いや、嫌いじゃないのですよ。成長してるとも思うし、彼らは。
嵐に大野がいてよかった、とは未だに思えないのだが。
大野は、嵐でよかったと思う。←この微妙なニュアンス、わかっていただけるかしら?
今回も、嵐らしい、まったりとしたライブでしたね。←若い子のグループとしてどうなのかしらって突っ込みはあるけどさ。

大野。髪切った!色落とした!どこの小僧やねーん!
って感じで。
若くなったねえ。でも、いいじゃないですか?あたしは好きです、あの髪型。
そして、ソロ。
・・・ちょっと・・・!
今まで、見た事のない大野がそこにいて。
ビックリしたなあ、ビックリした!
初めて大野のダンスを生で観た時みたいに驚いた。
巧いって。
巧いなあ、大野!
空気を切り裂くようにあのしなやかな指先が。
ステップは軽やかながらも、確実にリズムを刻んで。
そして、射ぬくようなそのまなざし。
今までの大野のダンスの中でも一・ニを争うほど好みだったな。だって凄いもん!
ただね、京都の頃とか99年とかの色気はかなしいかな、どこにもない。
でも、そんなフェロモンなしでも大野は魅せてくれて、それが嬉しい。
鳥肌たっちゃったよう!カッコよくて!
バックは、福田くんとかわりょんがツートップだったかなあ?
福田くん、おっきくなってて髪短くてわかんなかったよ。
かわりょんは、オトコマエっぷり炸裂してて、あたしはジュニアじゃかわりょん追ってた。←それとは別に、勝手に視界に飛び込んでくるのは、顔の倍くらいに髪のボリュームあるザッキュ@松崎くん。
みゃーたくんは汗っかきだったし。
あと、辰巳くん、大人になってたなあ、ビックリ。もう相葉●モとは呼べないなあ。

とにかく、大野につきる嵐コン。←その割りにジュニア見てたってのはナイショ(笑)
横アリ、チケ譲って貰っちゃったよ(あはは)

大野は、舞台もそうだけど、いつだって楽しませてくれる。
あのひとは、ホントにプロなんだなあ、と。
シミジミと。
そんな嵐コンでした。
楽しかった!

より以前の記事一覧

October 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

SweetMemories

FaVorites!

  • シアワセサガシ
    仲間うちでは女神扱い(笑)の玲さんち。 お元気ですか?そのうちごはんでも食べに行きましょう。
  • memomomomo
    コタさんち。 お元気かしら?また遊びたいですねー。
  • ハナミズキ。
    よしさんち。 いつの時代もツボテキストをアップしてくれる大切なお友達(えへ) でも実はジュンたんの●●にハアハアする●●。←褒め言葉ですよ(にやり)
  • NiCe’N’EaSy
    相方ナナミの日常。 現在更新激しく停滞中。ですが、元気ですよ、彼女は。 相変わらず一緒に居てラクな人。

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ